Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

元役員が会員の個人情報を持ち出し、他社への売却打診で判明 - 結婚情報サービス会社

全国規模で結婚情報サービス業を展開する千葉県のウェブにおいて、会員1万6304人分の個人情報を、元役員が不正に持ち出していたことがわかった。同社では、元役員を告訴する方針だという。

流出が判明したのは、1995年10月14日から2005年8月31日の間に同社に会員登録した1万6304人分の個人情報。氏名、住所、電話番号、性別、生年月日などが含まれる。退職時に無断で持ち出したもので、元役員は同業他社248社に対し、売却を持ちかけていた。

同社では今回の持ち出しについて警察へ相談しており、告訴する準備を進めている。また会員情報を購入しないよう要請する文書を他社に送付。今後買い取りが判明した場合には、同情報の削除や転売の自粛を求めていくという。

(Security NEXT - 2009/12/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

高校生徒の個人情報含むUSBメモリなどが盗難被害 - 大阪府
2店舗の顧客情報1.4万件含むUSBメモリを紛失 - ライフ
患者書類を車両屋根に置いたまま移動して紛失 - 茨城県西部メディカルセンター
医療機器メーカー元従業員が書類送検 - 患者や顧客、技術情報など不正持出
取引先情報不正持出の元従業員が起訴 - ゼネテック
顧客情報含む資料を車の上に置いて走行中に紛失 - 大丸
患者情報含むUSBメモリ3本が所在不明 - 大阪市大付属病院
原発広報誌の返信ハガキが所在不明、個人情報や意見など記載 - 東電
患者情報含む書類が車上荒らしで盗難 - 香川大付属病院
顧客情報を一時紛失、外部店舗で発見 - 京都の冠婚葬祭事業者