Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

住民票の紛失や領収書の誤交付など個人情報関連の事故2件を公表 - 横須賀市

横須賀市は、市立中学校から送付された生徒の住民票の紛失や、健診センターにおける領収書の誤交付など、個人情報に関わる事故2件について公表した。

11月25日に市立中学校から学校教育課へ送付された生徒の奨学金支給申請書に添付された住民票が所在不明となっているもので、世帯5人分の氏名、住所、本籍、前住所、生年月日、性別、続柄、住民となった年月日などが記載されていた。12月15日に書類審査を行った際に書類の紛失が判明。保護者に対し説明と謝罪を行った。

また12月17日には、保健所健康づくり課健診センターにおいて「保健所健康診査等領収書」1件の誤交付が発生。氏名や健康診査項目の金額などが記載されている。誤交付された領収書を回収し、関係者への説明や謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2009/12/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

小学校児童の緊急連絡先を紛失 - 大阪市
県立高校で個人情報含む書類を紛失 - 埼玉県
アンケート用紙が運搬中に飛散、一部紛失 - 名古屋観光コンベンションビューロー
高校教諭が成績情報など含むUSBメモリを紛失 - 静岡県
学生情報含むUSBメモリを紛失 - 石巻専修大
2店舗の顧客情報1.4万件含むUSBメモリを紛失 - ライフ
顧客情報1.4万件紛失、保存箱ごと所在不明に - 徳島信金
複数医療機関の患者情報含むUSBメモリが海外で盗難被害 - 福島県立医科大
教員が学生の個人情報を電車内で紛失 - 常葉大
有権者情報6000人分含むUSBメモリを紛失 - 相模原市選管