Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネットワーク経由の情報漏洩、6割がウイルス - 残りは従業員

企業のネットワーク運用における情報漏洩で、約6割がウイルスにより発生していることがラックの調査により判明した。残り4割は人為的なものであり、運用面での課題も浮き彫りとなっている。

ラックの研究機関であるコンピュータセキュリティ研究所が、5月から9月にかけて民間企業10社に対し、情報漏洩に関連するリスクについて調査を実施し、レポートとして取りまとめたもの。

同社では、今回の調査で企業内ネットワークのトラフィックを調べ、漏洩の経路について「ウイルス」「従業員による持ち出し」「ポリシー違反行為による情報持ち出し」などに注目して解析を行った。

レポートによると、ウイルスが61%でトップ。検出されたウイルスは70種にのぼった。ウェブ経由の感染が65%ともっとも多い。正規サイトの改ざんに注目が集まっているが、それ以外にも、海賊版の音楽ファイルや偽ソフトなど、不審ファイル経由の感染も少なくないと同社では分析している。

091221rc.jpg

(Security NEXT - 2009/12/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2018年1Qの脆弱性届出は138件 - 前四半期から倍増
2018年1Qの脆弱性登録は3113件 - Linux関連が上位に
企業間のパーソナルデータ共有、肯定派と否定派が拮抗 - 漏洩へ強い懸念
1割超の企業が過去1年間に内部不正の情報漏洩を認知 - DDoS攻撃も1割弱
データ漏洩7割がクラウド設定ミスに起因、ランサム被害は80億ドル超 - IBM調査
過去3年間に18.2%の企業が委託先などでのインシデントを経験
スマートスピーカー経由の個人情報漏洩、約6割弱に危機感
国内企業の2割、「DDoS」被害経験 - ランサムウェアは7%
専門家などが選ぶ「セキュリティ10大脅威」 - セキュリティ人材不足が5位に
2017年4Qの脆弱性登録は3719件 - 「Android」が最多、「tcpdump」も上位に