Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中国向けフィルタリング製品の展開でネットスターと野村総研が協業

ネットスターと野村総研(NRI北京)は、中国市場におけるウェブフィルタリング製品の販売で提携した。

NRI北京では、2009年より中国国内におけるセキュリティソリューション分野のコンサルティング業務を本格化させており、今回の提携を通じてサービスのラインナップを強化。

中国へ進出している日系企業をターゲットに、ネットスターが収集したURLリストを活用したウェブフィルタリング製品を12月より販売する。

ネットスターでは、2005年に中国市場を対象としたURLリストの収集や配信業務を開始し、中国大連にURLリサーチセンターを有するなど活動を展開している。

(Security NEXT - 2009/12/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Chromebook」利用の教育機関向けにウェブフィルタリングサービス
ウェブやメールのフィルタリングをクラウド展開 - デジタルアーツ
フィルタリング製品「GUARDIANWALLシリーズ」の新版を発売 - キヤノンITS
ALSI、クラウド型ゲートウェイサービスにマルウェア対策を追加
Avast、IoT機器向けにSaaS型セキュリティプラットフォーム
WatchGuard、Percipient Networksを買収 - DNSによる遮断機能を取得
ブラウザに非依存のフィルタリングサービスがAndroidに対応 - ALSI
デジタルアーツ、iOS向けにフィルタリングアプリ - Safariなど全アプリに対応
NEC、「Box連携ソリューション」5種を開発 - SSOや個人情報検索など
ALSI、ウェブフィルタリングに新版 - アクセスデータから判定する新エンジン