Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マルウェア感染も再起動で一発リセットできる「Returnil Virtual System 2010」

Windows向けセキュリティ対策ソフト「Returnil Virtual System 2010」がコージェンメディアより発売された。変更されたシステムを簡単に「リセット」できるコンセプトのセキュリティ対策ソフトだ。

同製品は、フィンランドのReturnilが開発したセキュリティ対策ソフトで、最初のバージョンが登場したのは2007年。ラインナップとしては、コンシューマー向け製品である「同Home Lux」をはじめ、エンタープライズ向け「同Enterprise Classic」、さらに上位版の「同Enterprise Premier」のほか、一部機能に制限を設けた非営利利用の場合利用できるフリー版「同Home Free無料版」も用意されている。

同製品の大きな特徴は、システムを仮想環境で動作させる「System Safe」機能を備えていること。システムに対して行われた変更を、再起動によりすべて無効化できる。もし誤った操作で不正ソフトがインストールされてしまっても、簡単な操作で「元通りにできる」というわけだ。

復元の対象は特定のフォルダというわけではなく、システムボリューム全体に及ぶ。システムが「Cドライブ」に入っていれば、Cドライブへ行われた変更すべてが再起動時に無効となる。アップデートやソフトウェアのインストールなど、ユーザーが望む変更や、ボリューム内に保存したデータも消えてしまうので注意が必要だ。

この点については、データを保存できる「仮想ディスク」といった機能や、システムボリューム外へデータを保存するなど運用でカバーできるので、同ソフトの性質を良く理解して使いこなすことが重要となる。

(Security NEXT - 2009/12/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

開発段階の車載ECUに脆弱性検査を行える「ThreatHive」 - アズジェント
精鋭ハッカー部隊「レッドチーム」で堅牢性向上図るMS - 秘密の舞台裏に迫る
8月のDDoS攻撃が4割減 - 「GRE」利用のフラッド攻撃など発生
Office数式エディタに対する脆弱性攻撃 - サンドボックス回避のおそれも
中国「APT10」による国内メディア狙った標的型攻撃 - 外交問題関連ファイルを偽装
子どものスマホ安全対策、約半数が利用せず - 有料アプリ利用は4.6%
データ解析ツール「Metabase」にXSSの脆弱性
PFU、オンサイトによる簡易診断サービスを開始
特別支援学校でデジカメ紛失、生徒画像を保存 - 埼玉県
顧客情報を誤って一般ゴミで廃棄、収集車から飛散 - ケアコム