Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

生徒の個人情報含むUSBメモリが校内で所在不明に - 東京障害者職業能力開発校

東京障害者職業能力開発校において、生徒や職員の個人情報含む資料などが保存されたUSBメモリが所在不明になっている。

紛失したUSBメモリは、球技大会参加者の名簿や、校内で実施されたイベントに関するメモなどの資料を保存していたが、そのなかに生徒25人および職員2人の姓が含まれる。都の説明によれば、USBメモリには、パスワードが設定されていたという。

12月10日16時50分ごろ、USBメモリを使用した職員が自席の引き出しに保管。14日に再び使おうとした際、なくなっていることに気がついた。校内や自宅など捜索したが見つからず、16日に警察へ遺失届を提出。対象となる生徒の保護者に説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2009/12/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

家計調査員が調査対象世帯の個人情報を紛失 - 三重県
府の施設で児童の顔写真含むカメラを紛失 - 大阪府
学生情報含むPCを空港に置き忘れて紛失 - 札幌医科大
顧客情報含む領収書など紛失 - 三谷産業子会社
誤って持ち帰った患者情報が所在不明に - 横浜市立大付属医療センター
患者情報含むHDDを紛失 - 鹿児島市の総合病院
教員がレポートを回収後に紛失 - 首都大学東京
クレカ情報含む帳票3000件を紛失 - NHK
交付前のマイナンバーカードが所在不明、保管中に紛失 - 横浜市
キャンペーン応募用紙が箱ごと所在不明 - 静岡のスーパー