Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

生徒の個人情報含むUSBメモリが校内で所在不明に - 東京障害者職業能力開発校

東京障害者職業能力開発校において、生徒や職員の個人情報含む資料などが保存されたUSBメモリが所在不明になっている。

紛失したUSBメモリは、球技大会参加者の名簿や、校内で実施されたイベントに関するメモなどの資料を保存していたが、そのなかに生徒25人および職員2人の姓が含まれる。都の説明によれば、USBメモリには、パスワードが設定されていたという。

12月10日16時50分ごろ、USBメモリを使用した職員が自席の引き出しに保管。14日に再び使おうとした際、なくなっていることに気がついた。校内や自宅など捜索したが見つからず、16日に警察へ遺失届を提出。対象となる生徒の保護者に説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2009/12/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

小学校児童の緊急連絡先を紛失 - 大阪市
県立高校で個人情報含む書類を紛失 - 埼玉県
アンケート用紙が運搬中に飛散、一部紛失 - 名古屋観光コンベンションビューロー
高校教諭が成績情報など含むUSBメモリを紛失 - 静岡県
学生情報含むUSBメモリを紛失 - 石巻専修大
2店舗の顧客情報1.4万件含むUSBメモリを紛失 - ライフ
顧客情報1.4万件紛失、保存箱ごと所在不明に - 徳島信金
複数医療機関の患者情報含むUSBメモリが海外で盗難被害 - 福島県立医科大
教員が学生の個人情報を電車内で紛失 - 常葉大
有権者情報6000人分含むUSBメモリを紛失 - 相模原市選管