Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソラン、ソースコード診断ツール「SMART」のライセンス販売を開始

ソランは、プログラマや管理者向けに開発したソースコード診断ツール「SMART」のライセンス販売を開始した。

リアルタイムでソースコードを診断し、バグの混入やコーディングルールの違反を検出できるプログラマー向けの「SMART for Programmer」と、一括してコードを診断し、報告書を作成できる管理者向けの「SMART for Manager」の2製品を用意。またオフショア開発での利用を想定して中国語にも対応している。

同ツールは、同社が展開するJavaのソースコードやウェブアプリケーション、ネットワーク機器の診断サービスで得たノウハウを活用したもので、ソースコードの診断にくわえ、セキュリティ診断で検出する脆弱性の診断ルールも実装したという。

(Security NEXT - 2009/12/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

PFU、オンサイトによる簡易診断サービスを開始
BBSec、ウェブサーバの負担抑えた脆弱性診断サービス
CASBを利用したクラウド利用状況の可視化サービス - 日商エレ
NTT-ATら、CSIRT向けに会員制サービス - サイバー保険も付帯
組織内部に潜伏する脅威を可視化するサービス - 日商エレ
LPWAにも対応する無線通信のセキュリティ診断サービス
損保ジャパンと日立、インシデント発生率と損害額を定量化する診断手法を開発
セキュアブレイン、ウェブアプリのソースコード診断を開始
ハードや通信を調査する「IoTセキュリティ診断サービス」 - ラック
IoT向けセキュリティコンサルサービス - EGセキュア