Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

脱獄iPhoneに感染するワームの影響は限定的 - ESETレポート

キヤノンITソリューションズは、ESETが11月にマルウェアの追跡システム「ThreatSense.Net」で観測したウイルス検知の状況について発表した。

11月のマルウェアトップ10では、10月から大きな変動は見られなかった。1位は依然として「Win32/Conficker」で、全体に占める割合は9.64%と前月よりわずかに増加した。

2位も前回と同じリムーバブルメディア経由で感染を広げる「INF/Autorun」。両者とも、オートラン機能を無効にすることが対策として有効であるとして、実施するよう同社では呼びかけている。

3位以下にも目立った順位の変動はなかったが、10月に6位へ急浮上した「Win32/FlyStudio」がトップ100の下位に急落し、代わって実行中のプロセスに自身の存在を隠すためのコードを挿入するマルウェアの総称「Win32/Injector」が68位から10位にランクインしたという。

またジェイルブレイク後のiPhoneに感染するマルウェアについてもレポートで言及した。問題のマルウェアは、デフォルトのパスワードを変更しない端末に感染して拡大するワームで、ソースコードが公開された影響からボット化するワームも出現した。

同社ではこれらの動きは限定的なものであるとして、ただちにiPhoneユーザーに大きな影響を及ぼすことはないと分析。しかしながら今後犯罪者に悪用されるおそれもあると、警鐘を鳴らしている。

同社が発表したマルウェアのトップ10は以下のとおり。

1位:Win32/Conficker
2位:INF/Autorun
3位:Win32/PSW.OnLineGames
4位:Win32/Agent
5位:INF/Conficker
6位:Win32/Pacex.Gen
7位:Win32/Qhost
8位:WMA/TrojanDownloader.GetCodec
9位:Win32/Autorun
10位:Win32/Injector

(Security NEXT - 2009/12/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

開発段階の車載ECUに脆弱性検査を行える「ThreatHive」 - アズジェント
精鋭ハッカー部隊「レッドチーム」で堅牢性向上図るMS - 秘密の舞台裏に迫る
8月のDDoS攻撃が4割減 - 「GRE」利用のフラッド攻撃など発生
Office数式エディタに対する脆弱性攻撃 - サンドボックス回避のおそれも
中国「APT10」による国内メディア狙った標的型攻撃 - 外交問題関連ファイルを偽装
子どものスマホ安全対策、約半数が利用せず - 有料アプリ利用は4.6%
データ解析ツール「Metabase」にXSSの脆弱性
PFU、オンサイトによる簡易診断サービスを開始
特別支援学校でデジカメ紛失、生徒画像を保存 - 埼玉県
顧客情報を誤って一般ゴミで廃棄、収集車から飛散 - ケアコム