Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTT西における顧客情報の不正提供、石川県内でも判明

NTT西日本-北陸において、従業員が一部の販売代理店に対し、顧客におけるDSLサービスの利用情報などを不正に提供していたことが判明した。

同社は11月に、代理店に対する顧客情報の不正提供が兵庫県内で発生していたことを公表。電気通信事業法や個人情報保護法に基づき、総務省が報告を求めていた。

NTT西日本の発表によれば、2008年3月から2009年11月までの間、同社の光回線を提供可能な集合住宅の物件名と住所を記載したリストに、同社や他社DSLを利用している顧客の部屋番号を追記して、一部の販売代理店に渡していたという。

石川県内における不正提供は、現在わかっているだけで同社利用者情報256件、他社利用者情報679件に上っており、2009年3月以前の状況については把握できない。同社では提供した情報はすでに廃棄されていると説明している。

(Security NEXT - 2009/12/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

衣装ケースに入った顧客リスト約6000件、店舗駐車場に放置 - NTT西
顧客リストが公園の立入禁止区域に放置 - NTT西
帳票を手で破り指定外ゴミ袋で廃棄、回収されず散乱 - NTT西日本委託先
NTT西、委託先が顧客情報入りPCを一時紛失 - 内部へのアクセスはなし
口座振替依頼書821件が所在不明、再委託先が配送中に紛失 - NTT西
契約社員が顧客情報を持ち帰り紛失、路上で発見され判明 - NTT西
車上荒らしによる顧客情報の盗難が発生 - NTT西
委託先従業員が顧客情報記載の書類を紛失 - NTT西
NTT西の会員サイト、あらたに1075件の不正ログイン - 追跡調査で判明
元契約社員のPCからファイル共有ソフト経由で顧客情報流出 - NTT西