Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スパマーからも愛されたポップの王様 - シマンテックの危険な著名人ランキング

シマンテックは、スパムやウイルスの拡大に悪用された著名人などについてまとめた。

同社では1年間に40兆通のスパムを検知しており、攻撃に利用された著名人についてランキングとしてまとめた。著名人の話題に便乗するスパムメールの配信や不正ソフトの配布が多数発生している。

トップは6月に亡くなった歌手のマイケルジャクソンさん。2位はテニスプレイヤーのセレナウイリアムさんだった。全米オープンで微妙なジャッジが行われたことから、動画に注目が集まるとの予測から攻撃の対象になったという。

3位はハリウッドスターの故パトリックスェイジさんで、ウェブサイトには偽のウイルス対策ソフトが仕込まれた。4位は映画が公開され注目を集めたハリーポッターで、予告編の公開が狙われた。5位はオバマ大統領だった。

(Security NEXT - 2009/12/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2018年はランサム活動が縮小 - RaaSの「GandCrab」に活発な動き
フィッシングサイトへ誘導されたユーザー、1年で2.5倍に
約3人に1人がマルウェアなどの被害を経験 - カスペまとめ
企業3割、標的型攻撃メールを受信 - 17%がマルウェア感染
減少傾向続く新種マルウェア、1カ月あたり4000万件割り込む - 1年間で半数以下に
マルウェア亜種の減少傾向続く - マルウェアメールの割合は上昇
2017年3Qの新種マルウェア、10%増となる5760万件 - マカフィーまとめ
12月はマルウェアメールの割合が上昇 - ボットネット「Necurs」が活発化
マルウェア亜種の減少傾向続く - 一方でスパムは増加
10月のマルウェアメール、7カ月ぶりに減少 - 新種マルウェア5000万件割る