Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

紙袋に入れたパソコンなど電車内に置き忘れて紛失 - 理想科学工業

理想科学工業は、顧客情報が保存されたハードディスクやパソコンを従業員が電車内に置き忘れて紛失したと発表した。

12月8日深夜、パソコンやハードディスクを紙袋に入れて持ち帰った際、電車内に袋ごと置き忘れたもの。紛失したハードディスクには、同社と取引のある販売店および個人ユーザーなどの情報約260件が保存されていた。

紛失したデータには、個人ユーザーについては、氏名や会社名、メールアドレス、販売店に関しては住所や代表者氏名、担当者氏名、担当者のメールアドレスなどが含まれる。

従業員は駅事務所や警察に届け出たが、発見されていない。パソコンは暗号化されているが、ハードディスクは暗号化されていないという。同社では、関係者に対し説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2009/12/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

学生情報含むPCを空港に置き忘れて紛失 - 札幌医科大
市有地売却先に用地取得関連の情報含む書類を置き忘れ - 大阪市
小学校で修学旅行の職員用しおりを紛失 - 関市
講師が学生の個人情報含むノートPCを紛失 - 共立女子大
8100人分の個人情報入りUSBメモリが所在不明 - 海城中高
学生の個人情報含む書類を海外研修先で紛失 - 中部大
個人情報記載の調査関係書類を一時紛失 - 大阪府
個人情報が保存されたノートPCが所在不明 - NICT
学生の個人情報含む書類やPCを紛失 - ニトリ
トイレに置き忘れ、生徒の個人情報含む資料が所在不明に