Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

3Dデータ形式の「XVL」の保護機能をSaaSで提供 - 日立ソフトら

3Dデータ形式の「XVL」を開発したラティス・テクノロジーと日立ソフトウェアエンジニアリングは、日立ソフトのSaaS型3Dデータセキュリティサービス「活文 デジ活ガード」の提供を開始する。

今回提供する同サービスは、利用者を特定することで「XVLデータ」を保護するSaaS型サービス。XVLデータを「XVL Studio」「Lattice3D Reporter」「XVL Player」といった製品で閲覧や編集する際に、オンラインによる認証を実現。サービスの展開にあたっては、日立ソフトの「SecureOnline」を活用している。

またデータの参照履歴の取得やオフラインによるパスワード認証機能も用意。両社は、無償試行サービスを12月21日より開始し、2010年2月に正式サービスへ移行する予定。月額利用料は2100円/ユーザ。別途初期費用が必要。

(Security NEXT - 2009/12/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

過去のログイン情報でなりすましを防ぐ「リスクベース認証」の新版 - Capy
NRIセキュア、特権IDアクセス管理をSaaSで提供
標的型攻撃メール訓練をセルフサービスで提供 - KDL
A10、ADCの一元管理ソリューションをリリース
セキュアブレイン、サイト改ざん検知のオンプレミス製品
デジタルアーツ、「FinalCode」のAD連携を強化
NTTコム、SaaS型WAFサービスを提供 - 「Slow DoS攻撃」にも対応
シマンテック、ホスティング事業者向けに新サービス - SSL証明書の利用拡大目指す
マクニカ、ブランド価値を毀損するリスクの可視化サービス
NTTコム、閉域ネットワーク上で「Box」を利用できるサービス