Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

企業向けウイルスバスターもMac対応へ - プラグインを提供

トレンドマイクロは、企業向けエンドポイント用セキュリティ対策製品「ウイルスバスターコーポレートエディション10」および「Trend Micro ビジネスセキュリティ6.0」のサポートするOSを拡充する。スイート製品では、Macをあらたにサポートする。

同社は、両製品に対して12月より順次サービスパックを提供し、最新OSである「Windows 7」や「Windows Server 2008 R2」のサポートを開始。コーポレートエディションでは、「Windows 7」の「Windows XP Mode機能」にも対応する。

さらにコーポレートエディションのスイート製品である「Trend Micro Client/Server Suite Premium」では、Mac OS向けクライアント製品「Trend Micro Security for Mac」をプラグインとして12月22日より提供する予定。最新OSである「Snow Leopard」を含む「Tiger」以降のMac OS X環境をサポートする。

今回の機能強化により、「Windows」と「Mac」が混在する環境において、それぞれの端末でウイルス対策機能やウェブレピュテーションによる不正サイトへの接続防止などを実現したほか、管理コンソールによる一元管理に対応する。プラグインのダウンロードや利用にあたり、管理用のWindowsサーバが必要となるので注意が必要。

091216tm.jpg
Mac OS X向けインタフェース

(Security NEXT - 2009/12/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

アクロニス、バックアップソフトに新版 - ランサム対策を強化
「ウイルスバスタークラウド」に新版 - 悪性JSファイルの検出強化
「Cylance」がコンシューマー向け製品を投入
Mac向けセキュリティ対策ソフトの新版 - カスペルスキー
ソフォス、個人向けに「Sophos Home日本語版」を無償提供 - WindowsとMac対応
アラートのトリアージを支援する「McAfee Investigator」を実証実験 - マカフィー
「NOD32」発売から15周年、記念パッケージをリリース
攻殻機動隊の「タチコマ」が不正サイト接続をブロック - 「WarpDrive」実証実験がスタート
デジタルアーツ、ブラウザ閲覧に対応した「FinalCode 5.4」をリリース
アークン、不正接続の検知アプライアンス - ログ記録ソフトをバンドル