Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

パスワードを盗むマルウェアがさまざまな手口で配布 - Dr.Webまとめ

ネットフォレストは、Doctor Webによる11月のウイルスおよびスパムの動向をまとめたレポートを発表した。オンラインサービスのパスワードを盗聴するマルウェアや、個人情報を詐取しようとするフィッシング詐欺がまん延しているという。

同レポートによれば、同社が11月にデータベースに登録したマルウェアは10万7101件。11月上旬までは、悪質な添付ファイルやリンクが含まれるメールの状況に大きな変化は見られなかった。中旬以降に流通量が半減したが、一時的な減少であると同社は分析している。

同社では、11月にパスワードを盗聴するプログラムを配布するさまざまな手口を観測している。「電子決済協会(NACHA)」を装ったメールで「Trojan.PWS.Panda」の亜種が配布されたケースのほか、携帯電話の位置探索ソフトに偽装して配布された「Trojan.PWS.AccHunt.11」や「Trojan.PWS.Multi.109」などが確認された。

10月には、Facebookの管理者を装ったメールでウイルスが配布されたが、11月には同様の手口でMySpaceのユーザーを狙った攻撃が発生するなど、SNSに便乗する攻撃も減っていない。

同社によると、パスワードが変更されたため、添付ファイルに含まれる新しいパスワードを確認するよう求めるケースや、悪質なサイトへ誘導して必要なユーティリティと称したマルウェアをインストールさせようとするケースなどがあった。

個人情報を詐取しようとするフィッシングに関しても攻撃が多角化。高収入のアルバイト募集に見せかけてサイトへ誘導するといった手法のほか、Twitterやグーグルの無料サービスを悪用も行われているという。同社がまとめたウイルスの検出状況は以下のとおり。

メールサーバ上の検出ウイルスランキング

1位:Trojan.DownLoad.37236
2位:Trojan.DownLoad.47256
3位:Trojan.Fakealert.5115
4位:Trojan.MulDrop.40896
5位:Trojan.Packed.683
6位:Trojan.Fakealert.5238
7位:Trojan.DownLoad.50246
8位:Trojan.Fakealert.5825
9位:Trojan.Fakealert.5437
10位:Win32.HLLM.Netsky.35328

ユーザーPC上の検出ウイルスランキング

1位:Win32.HLLW.Gavir.ini
2位:Win32.HLLW.Shadow.based
3位:Trojan.WinSpy.282
4位:Trojan.Redirect.11
5位:Trojan.SqlShell.9
6位:Win32.Sector.17
7位:Trojan.WinSpy.247
8位:Trojan.AppActXComp
9位:Trojan.AuxSpy.74
10位:Win32.Alman.1

(Security NEXT - 2009/12/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

過去1年間に被害に遭ったPCユーザーは約4割 - 平均被害額は5.3万円
不正プログラム検出数が前期の4倍超 - 検出経路「メール」が急増
「ランサムウェア」関連の相談が大幅減 - 一方で被害も
4社に1社が個人端末を業務利用、4割がルールなし
「ランサムウェア」関連の相談が約6倍に - 67件で被害
ネットワーク経由のマルウェア検出が急上昇 - 「WannaCrypt」が影響
7%がSNSなどでアカウント乗っ取り被害を経験 - LINE利用者対象の調査で
2016年の個人情報漏洩インシデントは468件、平均想定賠償額は6.7億円 - JNSAまとめ
IPAへの年間相談は1.6万件弱、ランサム関連311件 - 復号で修理業者による高額請求も
発見から8年経過した「Conficker」検知数が急増 - 前四半期比67倍に