Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ベネズエラでカードが利用されました」 - VISA装うフィッシング攻撃で今月2度目の注意喚起

カードブランド「VISA」を装ったフィッシング攻撃が発生しており、フィッシング対策協議会では、誤って個人情報を提供しないよう注意を呼びかけている。

問題のフィッシングメールは、「possible fraudulent transaction and/or collusion with your VISA card」という件名で送付されており、英文によるもの。「カードがベネズエラのATMで利用されたが、セキュリティのため拒否した」などとうその説明を行って利用者の関心を引き、レポートの確認などとしてフィッシングサイトへ誘導する。

VISAブランドの悪用は、12月に入って報告が増加しているとして、同協議会では8日にも注意喚起を行っており、今月2回目のアラート。同協議会が観測したサイトは、すでに閉鎖されているが、前回に引き続き届け出が多数寄せられているという。

(Security NEXT - 2009/12/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「MyEtherWallet」の利用者狙うフィッシング攻撃が発生
不在通知装う「スミッシング」、ますます悪質化
職員にフィッシング攻撃、個人情報流出の可能性 - NHK
偽メルカリに注意 - 4月23日の「振込申請ルール変更」に便乗
NZ銃乱射事件に便乗するマルウェア拡散やフィッシング詐欺に注意を
ゲームアイテムの購入明細を装うフィッシングに注意
「ゆうちょ銀」の偽サイトに注意 - 「合言葉」など詐取
「LINE」装う時間指定フィッシングが再発 - 攻撃者の始業時間が1時間早まる?
Visaカード発行事業者装うフィッシングに注意
アカウント情報狙う偽「PayPal」に注意 - 短縮URLを悪用