Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

USBデバイスの不正利用を防止するソフトの最新版 - TSS LINK

ティエスエスリンクは、USBデバイスを一元管理して不正利用を防止する情報漏洩対策ソフトの最新版「セキュアポーター for USB Pro Ver.2.1」を発売した。

同製品は、USBデバイスをサーバで一元管理し、未許可のUSBデバイスの利用を禁止することで情報漏洩リスクを抑えるソフト。利用履歴やファイルの操作履歴を記録するほか、オートラン機能をサーバ側で強制的に無効化することで、USBデバイス経由で感染するウイルスを防ぐ。またオプションとして、USBデバイスにコピーしたファイルの強制暗号化機能も用意されている。

最新版では、WordやExcelなどのアプリケーションを起動せずにファイルを復号して保存することが可能になった。価格は、基本パッケージ52万5000円。1ライセンス4200円から。ライセンス数に応じたボリュームディスカウントで提供。保守費が別途必要。

(Security NEXT - 2009/12/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

NEC、IoTデバイス通信をエッジで制御 - 非IP通信にも対応
暗号化ポータブルHDD、遠隔削除にもオプション対応 - ハギワラS
アークン、不正接続の検知アプライアンス - ログ記録ソフトをバンドル
富士通SSL、IoTや組込機器向けに不正プログラム対策 - 製造メーカーへ供給
OSに依存せず不正なUSB接続を防ぐ「NX UsbMonitor」 - 日立
エフセキュア、法人向けエンドポイント製品に新版 - 「ディープガード」に機械学習を応用
トヨタ九州とTRIART、秘密分散技術によるデータ保護システムを工場で運用開始
ラトックシステム、Windows Hello専用の指紋センサーを発売
ジュピターテク、ユーザー操作監視ソフトの新版を発売
アークン、複数のセキュリティ機能を搭載したサーバ