Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本電通、未登録PCの接続を警告、遮断する「netルーコサイトII」を発売

日本電通は、ネットワークへ許可を得ずに接続した不正PCを検知し、遮断できるセキュリティ製品の最新版「netルーコサイトII」を発売した。

同製品は、システムに登録されていないネットワーク上のPCを検知して遮断し、ブザーやランプ、メールで管理者へ通報できるセキュリティ対策製品。電話による通知にもオプションで対応している。

従来製品では、PCの検知や遮断などそれぞれの機能を個別のユニットとして提供していたが、最新版では1台に統合。省スペースを実現し、価格についても抑えたという。

価格は、プローブユニットが12万6000円、電話通知機能を備えていない管理プログラムが19万9500円。

(Security NEXT - 2009/12/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

PFU、不正端末検知製品を強化 - マルウェア検知機能など追加
OSに依存せず不正なUSB接続を防ぐ「NX UsbMonitor」 - 日立
キヤノンITS、フィルタリングソフトに新版 - マルウェア通信の検知機能など追加
BBSS、ネット詐欺対策製品に対ランサムウェア機能を追加
重要インフラなどへ対策サービス - NTTセキュリティ
クラウド基盤活用したマルウェア検疫サービス - インテック
丸紅情シス、GEデジタルの制御システム向けセキュリティサービスを国内展開
NTT東、不正通信の監視や復旧を支援する中小企業向けサービス
dit、「NIRVANA改」ベースの「WADJET」新版を提供 - ダークネットに対応
PFU、不正にネットワーク接続された機器を検知するアプライアンス