Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

通話やオフィスの状況を記録、文書のアクセス制御を実現するアプライアンス - MDIT

三菱電機インフォメーションテクノロジー(MDIT)は、中小企業や小規模オフィス向けセキュリティーアプライアンス「SmartSecurityOffice」シリーズを2010年1月13日から発売する。

同シリーズでは、「IP-PBX」と約6900時間までIP電話によるすべての通話を録音できるボックスを提供する「同Voice」をはじめ、窓口や応接室などの接客状況の画像や音声など約390時間を記録できる「同Image」、文書のアクセス制限を実現する「同Data」など、機能ごとに3種類を用意した。

いずれも共通のハードウェアを採用したアプライアンスとして提供される。価格は、通話録音も備えた「同Voice」が193万円、「同Image」と「同Data」がそれぞれ94万5000円。

091210mi.jpg

三菱電機インフォメーションテクノロジー
http://www.mdit.co.jp/

(Security NEXT - 2009/12/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

産官学連携する関西サイバーセキュリティネットワークが発足
個人情報含む統計調査関係書類を紛失 - つくば市
ネットで盗難被害のクレカ情報、目立つ「不正トラベル」への悪用
オムロン製制御システム向けソフトに複数脆弱性 - コード実行のおそれ
DC利用者向けに「IDS/IPSサービス」 - キヤノンITS
NTTグループのCISSPホルダー増員目指し(ISC)2と提携 - NTT-AT
カスペ、クラウドによるサンドボックス解析サービスを開始
株主優待の案内メールで誤送信 - 送信先リストを添付
2018年上半期の情報開示要請1576件、76%に対応 - LINE
「Java SE」にセキュリティアップデート - 脆弱性8件を修正