Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

車両に固定された収納ケースが破壊され顧客情報が盗難 - ファミリーマート

ファミリーマートは、顧客情報が記載された料金収納払込票を紛失したと発表した。

12月6日に大阪府摂津市内の店舗から回収する際、何者かに持ち去られたもの。同社では書類を専用バッグで回収しており、配送センターに戻った際、バッグごと盗まれていることに従業員が気がついた。

持ち去られたのは、正雀駅東口店と茨木横江店が12月5日から翌6日にかけて扱った料金収納の払込票35件で、書類によって異なるが氏名や住所などが記載されている。

同社ではバッグを回収後、車両内部に固定された収納ケースで施錠管理していたが、配送車両の助手席のキーシリンダーが破壊され、収納ケースがこじ開けられた痕跡があったという。バッグには、現金や金銭などは入っていなかった。

(Security NEXT - 2009/12/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客情報含む検針用端末がバイクごと盗難 - 京葉ガス
市施設で児童の画像含むメモリカードが盗難、職員が逮捕 - 印西市
中学校で貸出データ含む図書室設置PCが盗難 - 名古屋市
患者情報が盗難被害、勉強会帰りの寄り道で - 名大病院
交付前のマイナンバーカードと交付用端末が盗難 - 横浜市
事務所荒らしで顧客情報が被害に - ニッポンレンタカー
患者情報が所在不明に、忘年会の荷物置場からなくなる - 横浜市立大病院
顧客情報含むPCが帰宅途中に盗難 - ベンゼネラル
顧客情報が保存されたレジが盗難 - 古着リサイクルショップ
防犯カメラ更新時にデータ削除前の機器が盗難被害 - 西鉄ホテルズ