Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

車両に固定された収納ケースが破壊され顧客情報が盗難 - ファミリーマート

ファミリーマートは、顧客情報が記載された料金収納払込票を紛失したと発表した。

12月6日に大阪府摂津市内の店舗から回収する際、何者かに持ち去られたもの。同社では書類を専用バッグで回収しており、配送センターに戻った際、バッグごと盗まれていることに従業員が気がついた。

持ち去られたのは、正雀駅東口店と茨木横江店が12月5日から翌6日にかけて扱った料金収納の払込票35件で、書類によって異なるが氏名や住所などが記載されている。

同社ではバッグを回収後、車両内部に固定された収納ケースで施錠管理していたが、配送車両の助手席のキーシリンダーが破壊され、収納ケースがこじ開けられた痕跡があったという。バッグには、現金や金銭などは入っていなかった。

(Security NEXT - 2009/12/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

高校生徒の個人情報含むUSBメモリなどが盗難被害 - 大阪府
複数医療機関の患者情報含むUSBメモリが海外で盗難被害 - 福島県立医科大
音楽教室生徒の個人情報が盗難被害 - 河合楽器
患者情報約3600件を含むHDDなど紛失 - 宇治市の病院
学生の個人情報含むPCが海外で盗難被害 - 長岡技術科学大
COP24会場でUSBメモリとPCが盗難か、PW記載した書類も - 環境省
患者情報含む書類が車上荒らしで盗難 - 香川大付属病院
マイナンバーカード盗難で職員3人を懲戒処分 - 横浜市
介護認定申請書類が所在不明、誤廃棄か - 習志野市
患者情報が記録されたHDDが所在不明 - 徳島市民病院