Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報含む申請書類を机の上に放置、その後所在不明に - 大阪市

大阪市住吉区保健福祉センターにおいて、提出された特定疾患医療受給者証の更新申請書類が所在不明になっていることがわかった。

9月17日に同センターが受け付けた7人分の特定疾患医療受給者証更新申請書類や臨床調査個人票などを紛失したもの。患者の氏名、住所、生年月日、診療情報、生活状況などのほか、申請者の氏名および住所、医療機関名や担当医師の氏名なども含まれる。このほか、障害者手帳や健康保険証のコピーなど、1人につき6種から8種の書類をなくした。

受け付けた書類の点検を行うため、翌18日に書類一式を台帳に挟んで机の上に置いたまま、12時40分ごろ担当者が外出。帰庁後もほかの作業に追われ、20時ごろ自席に戻ったところ、机の上の書類が紛失していることが判明したという。

捜索の結果発見できなかったが、警察への届出は11月5日と対応が遅れた。関係者には説明と謝罪を行い、申請書類の再提出を依頼した。同市では、9月24日に行った大規模な文書廃棄の際に誤って処分された可能性が高いとしている。

(Security NEXT - 2009/12/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

県立高校で個人情報含む書類を紛失 - 埼玉県
アンケート用紙が運搬中に飛散、一部紛失 - 名古屋観光コンベンションビューロー
高校教諭が成績情報など含むUSBメモリを紛失 - 静岡県
学生情報含むUSBメモリを紛失 - 石巻専修大
2店舗の顧客情報1.4万件含むUSBメモリを紛失 - ライフ
顧客情報1.4万件紛失、保存箱ごと所在不明に - 徳島信金
複数医療機関の患者情報含むUSBメモリが海外で盗難被害 - 福島県立医科大
教員が学生の個人情報を電車内で紛失 - 常葉大
有権者情報6000人分含むUSBメモリを紛失 - 相模原市選管
患者書類を車両屋根に置いたまま移動して紛失 - 茨城県西部メディカルセンター