Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報含む申請書類を机の上に放置、その後所在不明に - 大阪市

大阪市住吉区保健福祉センターにおいて、提出された特定疾患医療受給者証の更新申請書類が所在不明になっていることがわかった。

9月17日に同センターが受け付けた7人分の特定疾患医療受給者証更新申請書類や臨床調査個人票などを紛失したもの。患者の氏名、住所、生年月日、診療情報、生活状況などのほか、申請者の氏名および住所、医療機関名や担当医師の氏名なども含まれる。このほか、障害者手帳や健康保険証のコピーなど、1人につき6種から8種の書類をなくした。

受け付けた書類の点検を行うため、翌18日に書類一式を台帳に挟んで机の上に置いたまま、12時40分ごろ担当者が外出。帰庁後もほかの作業に追われ、20時ごろ自席に戻ったところ、机の上の書類が紛失していることが判明したという。

捜索の結果発見できなかったが、警察への届出は11月5日と対応が遅れた。関係者には説明と謝罪を行い、申請書類の再提出を依頼した。同市では、9月24日に行った大規模な文書廃棄の際に誤って処分された可能性が高いとしている。

(Security NEXT - 2009/12/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

市立中学校で生徒の個人情報を紛失 - 大阪市
家計調査員が調査対象世帯の個人情報を紛失 - 三重県
府の施設で児童の顔写真含むカメラを紛失 - 大阪府
学生情報含むPCを空港に置き忘れて紛失 - 札幌医科大
顧客情報含む領収書など紛失 - 三谷産業子会社
誤って持ち帰った患者情報が所在不明に - 横浜市立大付属医療センター
患者情報含むHDDを紛失 - 鹿児島市の総合病院
教員がレポートを回収後に紛失 - 首都大学東京
クレカ情報含む帳票3000件を紛失 - NHK
交付前のマイナンバーカードが所在不明、保管中に紛失 - 横浜市