Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報含む申請書類を机の上に放置、その後所在不明に - 大阪市

大阪市住吉区保健福祉センターにおいて、提出された特定疾患医療受給者証の更新申請書類が所在不明になっていることがわかった。

9月17日に同センターが受け付けた7人分の特定疾患医療受給者証更新申請書類や臨床調査個人票などを紛失したもの。患者の氏名、住所、生年月日、診療情報、生活状況などのほか、申請者の氏名および住所、医療機関名や担当医師の氏名なども含まれる。このほか、障害者手帳や健康保険証のコピーなど、1人につき6種から8種の書類をなくした。

受け付けた書類の点検を行うため、翌18日に書類一式を台帳に挟んで机の上に置いたまま、12時40分ごろ担当者が外出。帰庁後もほかの作業に追われ、20時ごろ自席に戻ったところ、机の上の書類が紛失していることが判明したという。

捜索の結果発見できなかったが、警察への届出は11月5日と対応が遅れた。関係者には説明と謝罪を行い、申請書類の再提出を依頼した。同市では、9月24日に行った大規模な文書廃棄の際に誤って処分された可能性が高いとしている。

(Security NEXT - 2009/12/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

理学療法士免許申請書類を紛失 - 千葉県
会社貸与の業務用携帯電話をホテルで紛失 - スミノエ
県立高校で指導要録の紛失が判明 - 愛知県
紛失や誤送付など1カ月間の個人情報関連事故は24件 - 大阪市
小学校で児童の個人情報を紛失 - 福岡市
幼稚園で園児の画像含むカメラを紛失 - 茨木市
小学校児童の個人情報含むUSBメモリを一時紛失 - 函館市
高校で生徒の緊急連絡先カードが所在不明 - 愛知県
顧客情報含む携帯端末を営業活動中に紛失 - ハナ信組
性格など記載された小学校名簿が町内掲示板に - 仙台市