Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「BIND 9」の「DNSSEC」機能に脆弱性 - パッチ適用で解消

「BIND 9」において「DNSSEC」の機能を利用した際に脆弱性が含まれていることがわかった。

再帰的なクライアントクエリを処理する際に脆弱性が含まれており、DNSキャッシュポイズニンングの攻撃を受ける可能性があるという。

脆弱性を解消するパッチ「同9.4.3-P4」「同9.5.2-P1」「同9.6.1-P2」が提供されており、適用することにより不具合を解消することができる。

(Security NEXT - 2009/12/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

暗号化通信対応パブリックDNSサービスを試験運用 - IIJ
2019年1Q、脆弱性の届出は122件 - ソフト関連倍増
「BIND 9」にリモートより悪用可能な脆弱性 - アップデートがリリース
「PowerDNS」の権威DNSサーバに脆弱性 - 「RESTfulモード」利用時に影響
WAFとマルウェア検知をセット、ウェブサイト向けクラウドサービス
NEC、社内SE向けにセキュリティ演習拠点を新設 - 仮想マシン130台が稼働
DNSやLDAPによる増幅攻撃を観測 - 複合型のDDoS攻撃も
「BIND 9」に複数の脆弱性 - DoS攻撃受けるおそれ
「PowerDNS Recursor 4.1.9」がリリース - 脆弱性2件を修正
2018年11月のDDoS攻撃、約1割減 - 前月上回る規模の攻撃も