Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本オラクルとUBIC、「e-Discovery」分野で協業

日本オラクルとUBICは、「e-Discovery」分野で協業し、企業の国際訴訟を支援すると発表した。

両社は今回の協業を通じ、日本オラクルの企業内の文書管理システム「Oracle Enterprise Contents Management」と、UBICの電子証拠開示支援システム「LitiView」の連携を実現。国際訴訟における「e-Discovery」向けのソリューションを展開する。

さらにUBICでは、「e-Discovery」に関するコンサルティングサービスやシステムインテグレーションサービスを提供する。

(Security NEXT - 2009/12/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

攻撃の対処要否を自動判断するための学習データ生成技術を開発 - 富士通研
ログやマルウェアの無料調査ツール「FalconNest」 - ラック
サイバー保険付帯のサーバ脆弱性対策サービス
メモリランダム化でエクスプロイトを防ぐ「Morphisec」を発売 - IWI
捜査機関向けAndroid調査ツールに新版 - LINEのトーク取得に対応
CSAJ、データ消去証明書の発行事業を開始 - 対応ソフトやサービス事業者を募集
IIJ、「Black Hat」でトレーニングを提供 - 4日間で100以上の演習
クロス・ヘッドとエフセキュア、GDPR対策サービスを提供
ランサムウェア「Cryakl」の復号キーが公開 - ベルギー当局が捜査で入手
ネットエージェントとデジタルデータソリューションが業務提携 - ラックが資本参加