Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

人気Eコマース構築OSS「EC-CUBE」に顧客情報漏洩の脆弱性 - 早急な対策を

ショッピングサイトを構築できるオープンソースソフト「EC-CUBE」に、顧客情報の漏洩が発生する脆弱性が含まれていることがわかった。情報処理推進機構(IPA)では、脆弱性が与える影響が大きいと判断し、広く対策を呼びかけている。

脆弱性の影響を受けるのは、同ソフトVer 2.4.2未満。コミュニティ版の「r18068」から「r18428」についても脆弱性が含まれる。開発元であるロックオンでは、脆弱性の危険度を「高」に設定している。

脆弱性を解消する方法は、対策済みのソフトウェアを導入するほか、同パッケージに含まれる一部ファイルを修正することにより問題を回避することが可能。ロックオンでは、EC-CUBEのウェブサイト上で修正方法を案内している。

EC-CUBE
http://www.ec-cube.net/

ロックオン
http://www.lockon.co.jp/

情報処理推進機構(IPA)
http://www.ipa.go.jp/

(Security NEXT - 2009/12/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起
「Spectre」「Meltdown」と類似した脆弱性2件が判明 - 数週間以内に更新予定
「baserCMS」に7件の脆弱性 - リモートより悪用のおそれ
「BIND 9.12」にリモートから攻撃可能な脆弱性が2件 - アップデートがリリース
攻撃狙う「Cisco Smart Install」は「デフォルトで有効」 - IOS利用者は注意を
「Nessus」にXSSやセッション固定など2件の脆弱性
GDPR対応で「WordPress」がアップデート - プライバシー保護機能を強化
「OneDrive」「Skype」などMS製複数アプリに脆弱性 - 修正は次期バージョン以降
「Cisco DNA Center」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
Adobe、「Acrobat/Reader」におけるPoC公開の脆弱性について訂正