Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

総務省ら、特定電子メール法で出会い系サイト運営者を処分 - 通信事業者より情報提供受け

総務省と消費者庁は、特定電子メール法に違反したとして、出会い系サイト業者「エレクトリックオペレーション」の行政処分を実施した。

6月から11月まで出会い系サイト「ショコラ」をはじめ、複数のサイトに関する宣伝するメールを受信者の許可を得ず送信していたことから、両省は特定電子メールを遵守するよう措置命令を行った。同意を得たことについても記録を保存しておらず、送信者の名称など正しく表示せず送信していたケースもあった。

今回同法の定めにより、総務大臣が電気通信事業者に対して送信者に関する情報の提供を求め、処分を行ったという。情報提供を受けたのは今回がはじめて。

(Security NEXT - 2009/12/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

特定電子メール法違反で行政処分 - 杉並区のウェブ運営会社に
サイバートラスト、「セキュアIoTプラットフォーム」事業を強化 - ラックとの資本提携も
「教育情報セキュリティポリシーに関するガイドライン」公開 - パブコメに192件の意見
4社に1社が個人端末を業務利用、4割がルールなし
セキュリティ規程違反で職員を懲戒処分 - 理研
関東財務局、顧客情報流出でM2Jに行政処分 - 新規口座開設を当面停止
政府、指針改正で対策を怠った情報流出も懲戒処分対象に
改正個人情報保護法の政令および施行規則案でパブコメ実施
使用済みスマホ、約6割がそのまま保有 - 約2割が業者へ売却
アークン、なりすましが不正アクセスの原因 - 全取締役を処分