Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マイクロソフト、外部より指摘された11月度更新プログラムの不具合を否定

マイクロソフトは、11月のWindows Updateで提供された更新プログラムに不具合が含まれるとの指摘が一部から行われたことに対して、問題は確認できず、不具合はないとの見解を示した。

レジストリキーの変更によりブラックスクリーンが表示される不具合が生じるとの報告が、研究者より行われたもので、同社では指摘に対して更新プログラムのほか、「悪意あるソフトウェアの削除ツール」など調査を実施したが、指摘のようなレジストリキーの変更がないことを確認したことをブログで明らかにした。

さらに国内外のサポート窓口でも同様の自称について報告は寄せれていないとし、ブラックスクリーンが表示される現象についてマルウェアが関連している可能性があると指摘。Windows Updateの適用やセキュリティ対策ソフトの利用、アプリケーションに対するアップデートなど対策を呼びかけている。

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

(Security NEXT - 2009/12/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

迷惑メールフィルタの不具合で受信メール約1030万件が消失 - ソフトバンク
慶大、AO入試出願者の関連書類を誤表示 - システム不具合で
予約顧客宛の自動送信メールが他顧客に誤送信 - チョイスホテルズジャパン
会員の個人情報がネット上で閲覧可能に - 輸入家電販売サイト
特典付きCDの通販サイトで不具合 - 第三者による顧客情報閲覧のおそれ
スレーブの「BIND 9」、特定環境下で不具合 - 信頼できないゾーンの取扱時に影響
みずほ証券でシステム障害、オンライン取引やATM入出金に影響
「投稿を表示する相手」の選択肢設定に一時不具合 - Facebook
LINEで他ユーザーのタイムラインが表示される不具合 - 外部CDNの設定ミスで
Twitter、ハッシュ化前パスワードをログ保存 - 漏洩痕跡ないが変更検討求める