Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

窓口取引約12万件の情報を記録したフロッピーが所在不明に - 神戸の郵便局

神戸市内の郵便局において、窓口端末機の取引内容約12万1000件が記録されたフロッピーディスクの紛失が、10月に判明していたことがわかった。

所在が不明になっているのは、2002年7月24日から2005年5月9日まで阪神御影駅前郵便局の窓口で扱った取引内容を記録したフロッピーディスク40枚。

約12万1000件の顧客情報が記録されており、含まれる情報は取引種類により異なるが、氏名や住所、口座番号、保険証番号、取引金額などが保存されていた。

10月13日に判明したもので、局内で廃棄した可能性が高く、情報は暗号化されていることから、外部に流出するおそれは低いと同社では説明している。また、紛失した情報に関わる問い合わせなども発生していないという。

(Security NEXT - 2009/12/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

DC利用者向けに「IDS/IPSサービス」 - キヤノンITS
NTTグループのCISSPホルダー増員目指し(ISC)2と提携 - NTT-AT
カスペ、クラウドによるサンドボックス解析サービスを開始
株主優待の案内メールで誤送信 - 送信先リストを添付
2018年上半期の情報開示要請1576件、76%に対応 - LINE
「Java SE」にセキュリティアップデート - 脆弱性8件を修正
「Chrome 70」で脆弱性23件を解消
「VMware ESXi」などに深刻な脆弱性 - パッチがリリース
「Joomla」に5件の脆弱性を解消したセキュリティアップデート
不正アクセスで会員アカウント情報が流出 - 医学関連出版社