Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

窓口取引約12万件の情報を記録したフロッピーが所在不明に - 神戸の郵便局

神戸市内の郵便局において、窓口端末機の取引内容約12万1000件が記録されたフロッピーディスクの紛失が、10月に判明していたことがわかった。

所在が不明になっているのは、2002年7月24日から2005年5月9日まで阪神御影駅前郵便局の窓口で扱った取引内容を記録したフロッピーディスク40枚。

約12万1000件の顧客情報が記録されており、含まれる情報は取引種類により異なるが、氏名や住所、口座番号、保険証番号、取引金額などが保存されていた。

10月13日に判明したもので、局内で廃棄した可能性が高く、情報は暗号化されていることから、外部に流出するおそれは低いと同社では説明している。また、紛失した情報に関わる問い合わせなども発生していないという。

(Security NEXT - 2009/12/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

情報漏洩対策製品の国内市場、2017年は前年比2%増
パーソナルデータ利用、旅行先では日常より許容する傾向
全指名業者記載のファックス誤送信で入札が中止に - 千葉県
NoSQL DB「Redis」を狙うアクセスが増加 - マイニングマルウェアの感染狙いか
旧政府サイトのドメインを第三者が取得 - なりすましサイトを発信
他人の個人情報記載の健診受診券を送付 - 古賀市
6割強が「個人情報の保護を怠る企業からは購入しない」
管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起
「Spectre」「Meltdown」と類似した脆弱性2件が判明 - 数週間以内に更新予定
メールボックスの振る舞いを機械学習するフィッシング対策ソリューション