Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ユーザーの個人情報が検索サイトから閲覧可能な状態に - ゲーム情報サイト

ゲーム情報サイト「インサイド」の一部会員において、利用者の操作ミスにより個人情報が公開される状態が発生した。

同サイトを運営するIRI コマース&テクノロジーによれば、会員4人の氏名、住所、年齢、誕生日などの個人情報が、ユーザーや誤って公開ページへ入力したことにより、外部から閲覧できる状態になったという。公開された情報は検索エンジンにも登録されていた。

同サイトでは、ユーザー登録後に追加で記入できる公開ページを用意しており、公開を希望しない場合には情報を入力しないよう注意を促していたが、氏名や住所など入力欄を設けていたため、ユーザーが誤って情報を入力したことから公開されたと説明している。

同社では、個人情報を誤って入力しないよう入力欄を削除した。また同社が取得した個人情報をデータベース上から削除するとともに、検索サイトに対しキャッシュの削除を依頼した。

同社では、情報が閲覧可能だった会員に対し説明と謝罪を行うとしている。

(Security NEXT - 2009/12/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サービス案内メール誤送信で顧客のメアド流出 - 人材支援サービス会社
採用情報の案内メール誤送信でメアド流出 - 瀬戸内市
操作ミス重なりメール誤送信でメアド流出 - 横浜市
メール誤送信で製品モニター応募者のメアド流出 - 大王製紙
スキャンした答案用紙を模範解答と誤り配信 - 佐賀県の高校
職員が同窓会目的で個人情報照会システムを利用 - 前橋市
入試情報サイトで個人情報が閲覧可能に - 京都精華大
図書館のウェブサーバから個人情報流出の可能性 - 島根大
メール誤送信で助成金交付団体のメアド流出 - 環境再生保全機構
誤送信で講座受講者のメールアドレス流出 - 首都大学東京