Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アビラ、コンシューマー向けセキュリティ対策3種をリリース - 無料版も用意

アビラは、コンシューマー向けWindows用セキュリティ対策ソフトの日本語版を提供開始した。

今回同社が発売したのは、無料バージョン「アビラアンチヴィア・パーソナル」をはじめ3種類。独Aviraは20年以上の歴史があるセキュリティベンダーだが、日本語版の提供は今回がはじめて。

「アビラアンチヴィア・パーソナル」では、ウイルスやスパイウェア対策など基本的な機能を提供。またウェブ経由の攻撃を防御する「Webガード」機能や、マルウェアのダウンロード防止、メールのスキャン機能などを追加した上位版「アビラアンチヴィア・プレミアム(3500円)」を用意。

さらにファイアウォール機能や、ペアレンタルコントロールのほか、バックアップ機能などを追加した統合製品「アビラプレミアム・セキュリティスイート(5000円)」を提供する。

オンラインで販売するほか、無料版は同社ウェブサイト上よりダウンロードすることが可能。

(Security NEXT - 2009/12/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

FFRI、個人や小規模事業者向けに「yarai 」を発売 - 「Mr.F」は販売終了
Avast、Mac向けセキュリティ対策ソフトの新版 - ランサム対策追加
ESET、次期版に「ふるまい監視機能」や「ホームネットワーク保護」
マカフィー、コンシューマー向けに新版をリリース - クラウドによる機械学習を活用
ノートン新版が登場 - 「ドラえもん」のような存在目指す
カスペ、コンシューマー向け製品に新版 - OS再起動時の感染を防止
「ウイルスバスター」に新版 - 機械学習と従来技術併用の強みを強調
NTT-AT、サイバー保険を付帯したセキュリティ対策ソフトを販売
無償ランサムウェア対策ツールに日本語版 - サイバーリーズン
トレンドマイクロ、NFV向けセキュリティVNFをリリース