Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

生体情報を格納するUSB型指静脈認証ユニット - ソニー

ソニーは、単体で利用できる小型で軽量なUSB接続指静脈認証ユニット「FVA-U1」を、12月18日より発売する。

同製品は、単体で指静脈情報の登録から認証まで行えるUSB接続型の認証ユニット。独自の反射散乱方式を採用した認証技術「mofiria」を搭載。撮影された指静脈画像から静脈パターンを抽出し、約10分の1に圧縮してメモリに保存するため、照合データの小容量化が実現した。

指位置を固定する必要がなく、平面配置での撮影が可能。生体情報をユニット内に格納するため、ネットワーク経由で登録や認証を行わず利用が可能。パソコンのログイン管理やアプリケーションのアクセス管理、ユーザー認証などに応用できる。

価格は約3万円。利用には、ソフトウェアが別途必要で、同社は「mofiria」に対応するSDKを提供する。

(Security NEXT - 2009/12/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

イオン銀、指紋と静脈認証による本人認証をスタート - カードや暗証番号不要
NTTテクノクロス、モバイルカメラを使った静脈認証ソリューション
認証システム「RSA SecurID Access」に新版 - リスクベース認証を追加
NEC、顔認証に対応したユーザーデータ活用基盤基盤ソフトを提供
富士通、FIDO準拠の生体認証サービス - カメラによる生体認証にも対応
顔認証活用の決済サービスで実証実験 - 三井住友銀などで実施
DDS、FIDOに準拠した認証サービスを提供
DNPとGemalto、スマホの生体認証機能を活用した認証サービス
NEC、顔認証を活用した決済システムの実証実験を開始
NEC、ログオンソフトに生体認証とPWによる二要素認証機能