Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

監視すれば必ず見つかるインシデント、1000台につき平均55件/日 - 一方で進まぬUSBメモリ対策やパッチ導入

ウイルス感染に悪用されるオートラン機能がそのまま放置されていたり、OSのセキュリティ更新プログラムが実施していないなど、ベンダーより危険性が指摘され、すでにセキュリティ対策が用意されているにもかかわらず、こうした対策を実施していない企業が依然減っていないようだ。

トレンドマイクロのThreat Monitoring Centerでシニアスレットリサーチエンジニアを務める小松優介氏によれば、同社が実施したセミナーの参加者を対象に、USBメモリのセキュリティ対策の実施状況を調べたところ、依然として半数ほどの企業が何も対策を実施していなかったという。

091130tm1.jpg小松氏

USBメモリのオートラン機能を停止する方法については、マイクロソフトや情報処理推進機構(IPA)といったセキュリティ機関よりアナウンスされているが、こうした対策へ疎い企業が少なくない。

また同氏によれば、マルウェアに悪用されることで有名になった「MS08-067」のパッチについても、2008年10月に公開されてからかなり時間が経過しているにも関わらず、同様に未適用の企業が依然として存在しているとの印象があると述べている。

同社が毎月まとめているウイルス感染報告のランキングの10月度を見ると、USBメモリ経由で感染する「MAL_OTORUN」は首位。「MS08-067」を悪用したり、USBメモリ経由でも感染する「WORM_DOWNAD」がも3位と上位に位置している。

(Security NEXT - 2009/11/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不正プログラム検出数が前期の4倍超 - 検出経路「メール」が急増
「ランサムウェア」関連の相談が大幅減 - 一方で被害も
4社に1社が個人端末を業務利用、4割がルールなし
「ランサムウェア」関連の相談が約6倍に - 67件で被害
ネットワーク経由のマルウェア検出が急上昇 - 「WannaCrypt」が影響
7%がSNSなどでアカウント乗っ取り被害を経験 - LINE利用者対象の調査で
IPA、小中高生向け啓発コンクールの作品募集を開始
2016年の個人情報漏洩インシデントは468件、平均想定賠償額は6.7億円 - JNSAまとめ
IPAへの年間相談は1.6万件弱、ランサム関連311件 - 復号で修理業者による高額請求も
発見から8年経過した「Conficker」検知数が急増 - 前四半期比67倍に