Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

児童や保護者の個人情報含む手帳を職員が紛失 - 横浜市の児童相談所

横浜市の南部児童相談所において、児童や保護者の個人情報が掲載された手帳を職員が紛失する事故が発生した。

紛失した手帳には、児童の近況や保護者の氏名、住所、電話番号などが記載されていた。件数は3件から5件とされており、正確な件数は把握できていない。

同市によれば、11月19日に職員が帰宅途中に飲食店に寄り、日付が変わった20日深夜に京浜東北線に乗車。終点で下車して改札を出た後、鞄がないことに気付いたという。

警察に紛失届を提出するとともに、駅に遺失物の問い合わせを行ったが見つかっていない。同相談所では、対象となる児童の保護者に説明と謝罪を行うとしている。

(Security NEXT - 2009/11/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報含む廃棄書類が高速道路で飛散 - 関西電力
源泉所得税の振込依頼書を紛失、徴収漏れも発生 - 大阪市
理学療法士免許申請書類を紛失 - 千葉県
会社貸与の業務用携帯電話をホテルで紛失 - スミノエ
県立高校で指導要録の紛失が判明 - 愛知県
紛失や誤送付など1カ月間の個人情報関連事故は24件 - 大阪市
小学校で児童の個人情報を紛失 - 福岡市
幼稚園で園児の画像含むカメラを紛失 - 茨木市
小学校児童の個人情報含むUSBメモリを一時紛失 - 函館市
高校で生徒の緊急連絡先カードが所在不明 - 愛知県