Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

児童や保護者の個人情報含む手帳を職員が紛失 - 横浜市の児童相談所

横浜市の南部児童相談所において、児童や保護者の個人情報が掲載された手帳を職員が紛失する事故が発生した。

紛失した手帳には、児童の近況や保護者の氏名、住所、電話番号などが記載されていた。件数は3件から5件とされており、正確な件数は把握できていない。

同市によれば、11月19日に職員が帰宅途中に飲食店に寄り、日付が変わった20日深夜に京浜東北線に乗車。終点で下車して改札を出た後、鞄がないことに気付いたという。

警察に紛失届を提出するとともに、駅に遺失物の問い合わせを行ったが見つかっていない。同相談所では、対象となる児童の保護者に説明と謝罪を行うとしている。

(Security NEXT - 2009/11/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

市立中学校で生徒の個人情報を紛失 - 大阪市
家計調査員が調査対象世帯の個人情報を紛失 - 三重県
府の施設で児童の顔写真含むカメラを紛失 - 大阪府
学生情報含むPCを空港に置き忘れて紛失 - 札幌医科大
顧客情報含む領収書など紛失 - 三谷産業子会社
誤って持ち帰った患者情報が所在不明に - 横浜市立大付属医療センター
患者情報含むHDDを紛失 - 鹿児島市の総合病院
教員がレポートを回収後に紛失 - 首都大学東京
クレカ情報含む帳票3000件を紛失 - NHK
交付前のマイナンバーカードが所在不明、保管中に紛失 - 横浜市