Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ログソリューション「LogStare Tetra」と「LanScope Cat6」の連携が可能に

セキュアヴェイルは、統合ログ管理システム「LogStare Tetra」において、エムオーテックスのネットワークセキュリティツール「LanScope Cat6」との連携を実現した。

「LogStare Tetra」は、ネットワーク機器のアクセスログを収集して分析し、レポート作成まで行う統合ログ管理システム。今回の連携により、「LanScope Cat6」が収集したクライアントPCの操作ログを、「LogStare」のログ管理支援ツール「ユニバーサルログパーサ」に取り込むことが可能になった。

これにより、従来のサーバログだけでなくPC操作ログも分析したレポートを作成できる。日付別、ユーザー別、操作別の傾向などをまとめた基本サマリや、リスクのありそうなログを抽出したクローズアップ分析などが提供される。

(Security NEXT - 2009/11/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ALSI、シンプルに利用できるファイル暗号化製品
ドメイン管理にメールによる追加認証をオプションで提供 - GMO
セキュリティエンジニア育成に特化した4年制専攻 - OCA大阪デザイン&IT専門学校
セキュリティ専門家のノウハウを機械学習、SOCに活用 - SBT
ウェブやメールのフィルタリングをクラウド展開 - デジタルアーツ
ラテラルムーブメントなど普段と異なる行動を検出する新製品 - マカフィー
EGセキュア、スマホアプリ向けに脆弱性診断 - サーバのAPIにも対応
個人データ侵害時におけるGDPRの報告書作成を支援 - PwC
トレンド、「Deep Security」などに新版 - 500以上のルールでマルウェア見つける「検索機能」
NEC、制御機器に応用可能な改ざん検知技術 - 4Kバイトと軽量