Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

行政刷新会議の事業仕分け、IPAは「見直し」 - 仕分け人「可能な限り民間の応分負担を」

国の事業予算に関する概算要求について評価し、優先度の低かったり不要な事業の削減や見直しなど行う行政刷新会議による「事業仕分け」が実施されているが、26日に情報セキュリティ分野の事業を手がける「情報処理推進機構(IPA)」の評価が行われた。

091126gk1.jpg
とりまとめを行った尾立源幸参議院議員(画面左)と説明を行った経済産業省(同右)

IPAの2010年予算の事業費は33億9200万 人件費は13億500万円。合理化を進めており毎年縮小傾向で、2009年決算の50億600万円を下回っている。

事業については、「コンピュータウイルス」に対応する唯一の公的機関。2008年度は22000件のウイルスに関する届け出に対応し、ワクチン制作などを行ったほか、1万5000件の相談を受けている。

そのほか情報システムの信頼向上について公的な立場から情報分析を行っており、公的機関のインフラへ活かされているほか、IT人材の育成やオープンスタンダードの普及など行っている。

(Security NEXT - 2009/11/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

一部「ウイルスバスタークラウド」に無効化される脆弱性
2019年の不正アクセス届出は89件 - 56件で被害
2019年のマルウェア届出は259件 - 18件で被害
初心者向けに脆弱性対策セミナーを開催 - IPA
「Ghostscript」にRCE脆弱性 - 最新版では修正済み
富士ゼロックスのプリンタ管理ツール関連で2件の脆弱性
2019年4Qの標的型攻撃メールは47件 - 情報提供の7割が「Emotet」
IPAが「10大脅威2020」を発表 - 「内部不正」「IT基盤の障害」など順位上昇
2018年「セキュリティ10大脅威」 - 注目高まる「サプライチェーン攻撃」
複数金融機関が採用するネットバンクアプリに脆弱性