Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

組織の文書セキュリティを実現するDRM製品を2010年より日本で展開 - 韓Fasoo.com

韓Fasoo.comは、日本におけるDRM市場へ2010年を目処にサービス展開を行うと発表した。

同社は、韓国においてエンタープライズからコンシューマーまで幅広いDRM事業を展開しているセキュリティベンダー。同国内におけるDRM市場のリーディングカンパニーで、サムスンや政府関連機関などへDRM製品を供給している。

同社シニアマーケティングマネージャーのVeronica m. Kim氏によれば、韓国内では「DRM」との呼び方は一般的ではなく、「文書セキュリティ」と呼ばれており、同社ではコンテンツ事業者向けにDRMソリューションを提供しているが、情報漏洩対策などエンタープライズ向けにサービスを展開している比重の方が大きいという。

今回同社が日本国内で展開を計画しているサービスについても、著作権ビジネス向けのDRM製品ではなく、エンタープライズ向けの文書セキュリティソリューション。外部へデータを提供した際や、内部から情報が漏洩するリスク対策として、サービスを展開していく。

具体的には、取引先や監査法人などと情報交換時に活用できる「Fasoo Secure Exchange」をSaaS型サービスとして展開。また使用権限を付与し、組織内部で不正コピーなど防止し、文書管理を実現する「Fasoo Secure Document」について、SDKを提供していくという。

(Security NEXT - 2009/11/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

デル、DRMソリューション「Dell Data Protection | Secure Lifecycle」をリリース
組織内向け機能に絞った「FinalCode」の新エディション
「iPhone」向けセキュア配信を実現 - Jストリーム
ハイパーギア、SharePoint 2013に対応した漏洩対策製品
ハイパーギア、SharePoint用PDFファイル制御ツールを発売
AndroidやiOS向けのDRMソリューションを発売 - サイファー・テック
外部へ送信したファイルの利用権限を変更できる漏洩対策製品 - NTTコム
日立情報。SaaS型文書共有サービスを開始 - 韓FasooのDRM技術を活用
アドビとキヤノンITS、DRMのSaaS型サービスで協業
DRM暗号技術を活用した新型インフルエンザ対策ソリューション - ハイパーギア