Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

12支店で印鑑届の紛失が判明 - 永和信金

永和信用金庫は、本店営業部を含む12支店において、印鑑届69件の紛失が判明したと発表した。

所在が不明になっているのは、「普通預金等印鑑届」60件と「当座預金印鑑届」9件。顧客の氏名、住所、電話番号、口座番号、勤務先住所などが記載されている。一部支店において印鑑届の紛失が判明したことを受け、全店調査を実施した結果、本店営業部を含む12支店で紛失が発覚した。

同金庫では今回の紛失について、誤って廃棄した可能性が高く、外部へ流出したおそれは低いとしている。対象となる顧客にはすでに説明を実施済みで、二次被害なども発生していないという。

(Security NEXT - 2009/11/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報含む廃棄書類が高速道路で飛散 - 関西電力
源泉所得税の振込依頼書を紛失、徴収漏れも発生 - 大阪市
理学療法士免許申請書類を紛失 - 千葉県
会社貸与の業務用携帯電話をホテルで紛失 - スミノエ
県立高校で指導要録の紛失が判明 - 愛知県
紛失や誤送付など1カ月間の個人情報関連事故は24件 - 大阪市
小学校で児童の個人情報を紛失 - 福岡市
幼稚園で園児の画像含むカメラを紛失 - 茨木市
小学校児童の個人情報含むUSBメモリを一時紛失 - 函館市
高校で生徒の緊急連絡先カードが所在不明 - 愛知県