Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IEの未解決脆弱性、コード公開でマルウェア転用のおそれも - セキュリティベンダーが注意喚起

「Internet Explorer 6」や「同7」に見つかった深刻な脆弱性に対し、攻撃コードが公開されており、安定的な攻撃が可能であるとしてセキュリティベンダーが注意喚起を行っている。

脆弱性についてレポートを公表したフォティーンフォティ技術研究所によれば、問題の脆弱性は「Microsoft HTML Viewer DLL」内の関数に含まれているもので、細工を施したウェブサイトを閲覧させることにより、警告画面など一切表示させずに脆弱性を攻撃することが可能だという。

同社では今回の脆弱性について「非常に安定的に攻撃できる」と指摘。攻撃コードも公開されており、「Gumblar」といったマルウェアに転用される可能性があるとの懸念を示している。

Internet Explorer 8は、影響を受けないことを確認しているとして、脆弱性を含む利用者へアップデートや「JavaScript」の停止を呼びかけている。

フォティーンフォティ技術研究所
http://www.fourteenforty.jp/

(Security NEXT - 2009/11/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も
ゼロデイ攻撃への悪用目立つ「権限昇格の脆弱性」
複数「VPNアプリ」に「Cookie」窃取されるおそれ - 一部ベンダーは反論
研究者が最新版IEの脆弱性を指摘 - 修正予定なく、実証コードが公開へ
Oracle、四半期定例アップデートを公開 - 脆弱性297件を修正
「Java SE」最新版がリリース - 5件の脆弱性に対応
Windows向け「Apache Tomcat」にリモートよりコード実行のおそれ