Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

DNSキャッシュポイズニング対策を搭載した「BIG-IPバージョン10.1」を発表 - F5ネットワークス

F5ネットワークスは、同社ネットワークソリューションの最新版「BIG-IPバージョン10.1」を発表した。12月より提供を開始する予定。

最新版では、DNSSEC2009コンプライアンスに準拠したDNSレスポンスの受信を実現するなどDNSキャッシュポイズニング対策を実現した。「SIP」「Diameter」「RADIUS」「LDAP」などのプロトコルのメッセージベースロードバランシングやフェイルオーバーの時間の短縮など、プロバイダやシステムインテグレータ向けに可用性を強化している。

さらにウェブアプリケーションファイアウォール「BIG-IP Application Security Manager」では、PCIコンプライアンスレポート機能を搭載し、「PCI DSS 1.2」に対する準拠状況を検証でき、準拠できていない場合は対策を表示するなどコンプライアンス管理が行える。またウェブサイトに対する脆弱性のスキャンやボットに対する攻撃からの防御機能や、攻撃状況をレポートする機能を搭載した。

(Security NEXT - 2009/11/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

カスペ、ハイブリッド環境を一元管理できるセキュリティ製品
ネットワークの可視化やアクセス制御を提供する「FortiNAC」 - フォーティネット
CASBを利用したクラウド利用状況の可視化サービス - 日商エレ
AWS利用のスタートアップ企業に「Deep Security」を1年感無料で - トレンド
SOCなどで収集した日本特有の脅威情報を提供 - ラック
F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応
パロアルト、エンドポイントのプロファイル化で脅威検出するソリューション
日商エレ、ネットワーク脅威検知のVectra Networksに出資
SSK、3億円投じて大阪にSOC開設 - MSSなどを提供開始
AWS WAF向けにシグネチャ提供サービス - CSC