Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「IE 6」「同7」にリモートでコード実行される脆弱性 - MSがアドバイザリ

マイクロソフトは、同社ブラウザ「Internet Explorer」に未解決の脆弱性が見つかったとしてアドバイザリを公表した。

脆弱性が含まれるのは、「Microsoft Windows 2000 SP4」「IE 6 SP1」をはじめ、「Windows XP」や「Windows Vista」「Windows Server 2003」などサポート中のOS上で動作する「IE 6」「同7」。「Internet Explorer 5.01 Service Pack 4」「Internet Explorer 8」は影響を受けない。

今回見つかった脆弱性は、無効なポインター参照を行う不具合によるもの。削除されたCSSオブジェクトへアクセスが可能となり、攻撃者がユーザー権限を取得して、不正にコードを実行するおそれがある。

同社では、今回判明した脆弱性に対する攻撃は確認していないという。同社では脆弱性を解消するプログラムの開発を進めている。

また当面の対策として、インターネットゾーンのセキュリティ設定を「高」に設定することを案内している。同社によれば悪用を試行される可能性が残るものの、攻撃が成功する可能性を低く押させることができるという。

マイクロソフト セキュリティ アドバイザリ(977981)
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/advisory/977981.mspx

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

(Security NEXT - 2009/11/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

全日空のiOSアプリに脆弱性 - 中間者攻撃受けるおそれ
「Flash Player」狙いのゼロデイ攻撃、3カ月前から準備か - 給与関連書類を偽装、C&Cは偽求人サイト
CMSの「Zenphoto」にコード実行の脆弱性 - 最新版で修正
「BIND 9」が意図せずオープンリゾルバとなるおそれ - 設定の確認を
MS、AMDプロセッサ向けに「Spectre」緩和策を追加
「Chrome」に重要度「高」の脆弱性 - アップデートがリリース
「OpenSSL」にDoS攻撃受ける脆弱性 - 修正は次期アップデートで
MS、6月の月例パッチをリリース - 脆弱性1件が公開済み、悪用は未確認
Windows版LINEにリンクでDLL読込パスを指定できる脆弱性 - すでに修正済み
スマートデバイス向け「VMware AirWatch Agent」に深刻な脆弱性