Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「IE 6」「同7」にリモートでコード実行される脆弱性 - MSがアドバイザリ

マイクロソフトは、同社ブラウザ「Internet Explorer」に未解決の脆弱性が見つかったとしてアドバイザリを公表した。

脆弱性が含まれるのは、「Microsoft Windows 2000 SP4」「IE 6 SP1」をはじめ、「Windows XP」や「Windows Vista」「Windows Server 2003」などサポート中のOS上で動作する「IE 6」「同7」。「Internet Explorer 5.01 Service Pack 4」「Internet Explorer 8」は影響を受けない。

今回見つかった脆弱性は、無効なポインター参照を行う不具合によるもの。削除されたCSSオブジェクトへアクセスが可能となり、攻撃者がユーザー権限を取得して、不正にコードを実行するおそれがある。

同社では、今回判明した脆弱性に対する攻撃は確認していないという。同社では脆弱性を解消するプログラムの開発を進めている。

また当面の対策として、インターネットゾーンのセキュリティ設定を「高」に設定することを案内している。同社によれば悪用を試行される可能性が残るものの、攻撃が成功する可能性を低く押させることができるという。

マイクロソフト セキュリティ アドバイザリ(977981)
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/advisory/977981.mspx

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

(Security NEXT - 2009/11/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
脆弱性2件を修正した「OpenSSL 1.0.2n」がリリース
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず
「iOS 11.2」では脆弱性14件を解消 - 「KRACK」の修正対象を拡大
「公的個人認証サービス」のインストーラに再び脆弱性
PwCサイバーサービス、IoT機器の脆弱性検査に特化したラボを開設
Mozilla、「Firefox 57.0.1」で脆弱性2件を解消
複数のバッファロー製ルータに脆弱性 - アップデートが公開
「Apache Struts 2」の「RESTプラグイン」に脆弱性 - DoS攻撃受けるおそれ