Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報含む内部資料が所在不明、一斉点検で判明 - 大分銀行

大分銀行は、南支店において、顧客情報589件が記載された内部資料が所在不明になっていることを明らかにした。誤廃棄の可能性が高いとしている。

所在が不明になっているのは、取引解消後に一定期間が経過した顧客の情報が記載された「顧客ファイル(CIF)消去明細表」。2005年度および2006年度のもので、顧客情報589件が記載されていた。そのうち個人顧客は474人で、氏名、住所、電話番号、生年月日、顧客番号などが含まれる。

保存文書の集中保管に伴う一斉点検を実施し、11月4日になくなっていることが判明した。今回の紛失に関連した外部からの問い合わせや不正利用は確認されておらず、同行では内部で誤って廃棄した可能性が高いと結論付けている。同行では、対象となる顧客に対し説明と謝罪を進める。

(Security NEXT - 2009/11/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ゴルフ大会参加者の個人情報が所在不明 - 毎日放送
キャンペーン応募用紙が箱ごと所在不明 - 静岡のスーパー
小中学校の心電図検診データを紛失、再検査を実施 - 青森県医師会
申請書などを保管期間満了前に誤廃棄 - 港区
住民からの相談記録4000件を紛失、誤廃棄か - 熊本市
20年の保存期間が残存する倉庫関連登録書類を誤廃棄 - 国交省
市営住宅の家賃領収済み通知書を誤廃棄 - 下関市
阪神淡路大震災関連の寄託書類を誤廃棄 - 三菱倉庫
「自動車重量税納付書」を保管期限前に誤廃棄 - 国交省
自動車重量税納付書を誤廃棄 - 国交省