Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メール送信ミスで291件の顧客情報が流出 - KDDI

KDDIは、顧客へイベントの案内メールを送信した際にミスがあり、291件の顧客情報が流出したと発表した。

11月17日20時ごろ、関西方面の同社イベントへ参加を希望していた企業顧客の担当者307人に、開催予定のイベントに関する案内メールを送信したが、ミスにより氏名やメールアドレス、会社名など291人分の情報が漏洩した。

同社では翌18日の昼過ぎに謝罪のメールを送信し、誤送信した削除を依頼した。また19日夕方ごろより対象となる顧客へ電話で個別に説明を行っているが、誤送信したメールアドレスなどが不正利用されたといった報告を受けていないという。

(Security NEXT - 2009/11/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

紛失や誤送付など1カ月間の個人情報関連事故は24件 - 大阪市
宛名印刷時の操作ミスで個人情報を誤送信 - JNSA
駐在員の名簿を第三者へメール誤送信 - 武雄市
覆面調査サービスに不正アクセス、PWなど漏洩 - WAF設定ミスで攻撃防げず
救命講習申込者への同報メールで誤送信 - 東京防災救急協会
GWパンダ観覧券の一部で他当選者名を記載 - 上野動物園
一部学費請求書を誤送付、前年データ流用後に作業ミス - 横浜市立大
豊洲市場見学会で個人名含むメールを参加者に誤送信
メール誤送信でモニターの個人情報が流出 - コタ
委託先が保護者500人宛のメールで誤送信 - 名古屋市