Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メール送信ミスで291件の顧客情報が流出 - KDDI

KDDIは、顧客へイベントの案内メールを送信した際にミスがあり、291件の顧客情報が流出したと発表した。

11月17日20時ごろ、関西方面の同社イベントへ参加を希望していた企業顧客の担当者307人に、開催予定のイベントに関する案内メールを送信したが、ミスにより氏名やメールアドレス、会社名など291人分の情報が漏洩した。

同社では翌18日の昼過ぎに謝罪のメールを送信し、誤送信した削除を依頼した。また19日夕方ごろより対象となる顧客へ電話で個別に説明を行っているが、誤送信したメールアドレスなどが不正利用されたといった報告を受けていないという。

(Security NEXT - 2009/11/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

保守契約顧客向けメールで誤送信、メアド2250件流出 - 日本オーチス
メール誤送信で委託先担当者情報など流出 - 東京都公園協会
顧客向けメールで誤送信、CCにメアド620件 - 沖縄電
メール誤送信で職員採用試験申込者のメアド流出 - 長野県
誤送信でオープンキャンパス申込者のメアド流出 - 順天堂大
市運営施設の指定管理者がメール誤送信 - 大阪市
マニュアル作成サービスへの不正アクセスを否定 - 操作ミスが原因
イベント出展団体へのメールで誤送信、謝罪で再度ミス - 東京都
コミュニティサイト「ふどうさん女子」でメール誤送信、会員のメアド流出
メール誤送信で歯科医師などのメアド2066件が流出 - 科研製薬