Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メール送信ミスで291件の顧客情報が流出 - KDDI

KDDIは、顧客へイベントの案内メールを送信した際にミスがあり、291件の顧客情報が流出したと発表した。

11月17日20時ごろ、関西方面の同社イベントへ参加を希望していた企業顧客の担当者307人に、開催予定のイベントに関する案内メールを送信したが、ミスにより氏名やメールアドレス、会社名など291人分の情報が漏洩した。

同社では翌18日の昼過ぎに謝罪のメールを送信し、誤送信した削除を依頼した。また19日夕方ごろより対象となる顧客へ電話で個別に説明を行っているが、誤送信したメールアドレスなどが不正利用されたといった報告を受けていないという。

(Security NEXT - 2009/11/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

漫才コンテスト「M-1」のプレス向けメールで誤送信 - 朝日放送
宿泊者予約者の個人情報をメールで誤送信 - 京急EXイン
入試情報サイトで個人情報が閲覧可能に - 京都精華大
スマホ向けRPG「陰陽師」のメルマガで誤送信 - メアドが流出
メール誤送信で海外メディア記者のメアド流出 - 東京マラソン財団
メルマガ誤送信で顧客の個人情報が流出 - テクノル
人事採用管理システムのバックアップが外部から閲覧可能に - パーソルキャリア
誤送信でメアド流出、システム改修中の手動配信で - 佐賀県
従業員による患者情報の無断取得、通報あるも対応に問題 - バイエル薬品
他顧客の配送先情報をサイトで誤表示 - 基盤製造ベンチャー