Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

社内の同報受信者による誤送信の削除が可能となった「PlayBackMail」

CSK Winテクノロジは、人為ミスによるメール誤送信を防止する製品「PlayBackMail」に2つの新機能を追加し、12月より発売開始する。

同製品は、操作ミスによるメールの誤送信を防ぐセキュリティソリューション。送信メールを隔離領域にいったん保留する「送信保留機能」のほか、添付ファイルを自動的に暗号化する機能や、宛先に一定数以上のアドレスが含まれる場合、宛先を自動でBCCに書き換える機能などを搭載している。

最新版では、同報配信先に設定された送信者と同じ組織に属する受信者が、誤送信発見時に送信メールを削除できる機能を追加した。

このほか、ユーザーの操作画面が英語に対応。日本語と英語から選択できるようになった。価格は、250ユーザーで155万5050円となっている。

(Security NEXT - 2009/11/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

NEC、「Box連携ソリューション」5種を開発 - SSOや個人情報検索など
日立ソ、「活文 Enterprise Mail Platform」をクラウドで提供
「活文Enterprise Mail Platform」に添付ファイルやHTMLメールへの対策機能
富士通BSC、誤送信対策ソフトに添付ファイルの削除機能など追加
NTTソフト、メール誤送信対策ソフトの新版 - 確認操作の「慣れ」対策も
キヤノンITS、タイの日系企業向けにメールセキュリティサービス
「指さし確認」しないとメールを送信できない誤送信対策ソフト
ダウジャパン、メールセキュリティのアプライアンス - 添付ファイルの拡張子偽装検査にも対応
CITS、クラウド型メールセキュリティに英語版
NEC、メールフィルタリング製品を発売 - PWリスト攻撃の検知機能も