Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

処理能力と隔離容量を増強した「Spam Watcher」新製品 - ダウジャパン

ダウジャパンは、メールのセキュリティ環境を提供するアプライアンス「Terrace Spam Watcher A500」を発売した。

同製品は、スパムやウイルスを含むメールやフィッシングメールを防ぐセキュリティアプライアンス。RPD技術によるスパムフィルタにくわえ、学習型フィルタや独自のデータベースによるフィルタリングを提供する。また添付ファイルの自動暗号化機能や送信遅延機能など、誤送信対策機能も搭載している。

今回の新製品では、従来よりスペックの高いハードウェアを採用し、スパム対策の処理や隔離容量を増強。容量は300Gバイトで、1日の最大処理容量は650万通、1万アカウントまで対応する。価格は400万円。サービス事業者向けは450万円となっている。

(Security NEXT - 2009/11/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カスペ、コンシューマー向け製品に新版 - OS再起動時の感染を防止
Avast、中小企業向けセキュリティ対策製品 - AVGの技術を統合
ウォッチガード、UTMの新モデルを発表 - HTTPSトラフィックに最適化
国内で検知急増のランサム「Jaff」に復号化ツール
PS Japan、Panda製エンドポイント製品を発売 - 自動フォレンジック機能も
サンドボックスなど利用したメールセキュリティサービス - NTTネオメイト
メールセキュリティ製品「SPAMSNIPER AG」を発売 - キヤノンITS
カスペルスキー、SOCやCSIRT向けに脅威情報の検索サービス
キヤノンITS、Clavister製UTMを発売 - IoTへの応用も検討
ESET個人向け製品、新版でランサム対策など追加 - モニター版を公開