Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

販売代理店に顧客情報約35万件を不正提供 - NTT西関連会社

NTT西日本は、委託先である関係会社において、兵庫県内の顧客が利用しているサービス情報を、一部販売代理店へ不正に提供していたと発表した。

NTT西日本が契約している一部の販売代理店から見込み客データを預かり、同社光回線の利用者情報などを削除する「リストクリーニング作業」を行った際、NTT西日本-兵庫が顧客の利用しているサービスがわかるよう識別記号を追加して返却していたという。

不正提供が行われたのは、NTT西日本の利用者や他社の利用者など、兵庫県内の顧客情報35万3605件。提供されたデータに氏名や住所、電話番号、口座番号などは含まれないとしており、提供後に各販売店が営業活動へ利用した事実はないと説明している。

同社では提供した情報はすでに廃棄しているとし、今後は再発防止に向け、運用ルールを徹底や管理者の再教育を強化など行う。

(Security NEXT - 2009/11/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

海外子会社に不正アクセス、顧客情報流出の可能性 - 野村HD
学内サーバや教育システムに不正アクセス、個人情報が流出 - 佐賀県
通販サイトに不正アクセス、アカウント情報が流出か - 京都の飲食店
アカウント情報3.7万件が海外サイト上に流出 - キルフェボン
不正アクセスで停止のメルマガ、配信を再開 - 熊本県
「プレミアム・アウトレット」からの流出データ、5カ所で公開を確認
通販サイトに不正アクセス、アカウント情報が海外サイトに - 人気洋菓子店
教職員29アカウントが乗っ取り被害、メール3500件を攻撃者へ転送 - 横浜市立大
「セシールオンラインショップ」に不正アクセス - 攻撃リストが顧客IDと一致
旧サーバ内の個人情報最大9.2万人分が流出の可能性 - 森永乳業の通販サイト