Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

仮想化環境への対応を強化した証跡管理ソリューション「ESS REC」最新版

エンカレッジ・テクノロジは、システムの操作内容を記録する証跡管理ソリューションの最新版「ESS REC 4.3」を発売した。

同製品は、WindowsやLinuxにおけるシステムの操作ログを取得し、一元管理できるセキュリティソリューション。ファイルアクセスやプロセス、キーボードによる入力のほか、操作画面を動画として記録できる。

最新版では、記録データを収集する「ESS RECサーバ」のパフォーマンスを向上させており、同社によれば、従来と比較して最大で約5倍の同時接続が可能になったという。

さらに「Hyper-V」や「XenServer」「VMware」など、サーバの仮想化環境や仮想デスクトップ環境への対応を強化。仮想化環境における管理者権限の濫用といった不正行為の監査を行うことが可能。

また仮想化製品ごとにライセンスを提供していたが、今回より仮想デスクトップの実装方式によらないユニバーサル型のライセンスを導入するなど、ライセンス体系も見直しを実施した。

(Security NEXT - 2009/11/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

富士通BSC、誤送信対策ソフトに添付ファイルの削除機能など追加
収集依頼から5日でマイナンバー利用できるBPOサービス - NEC
日本ウェアバレー、アプライアンス向け小規模DB監視ソフト
米Druva、日本で本格展開を開始 - 監査証跡も残すデータ管理ソリューション
顧客向けにアセスメントサービス - 日本オラクル
サイバーソリューションズ、メールセキュリティ製品にマイナンバー監査機能
キヤノンITS、漏洩対策製品にマイナンバー検出機能など追加
新日本有限責任監査法人、自治体のセキュリティ対策を支援
富士通SSL、DB操作ログを監査する内部不正対策ソリューション
UBIC、監査用人工知能の成長度を可視化するサービス