Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

病院管理者の個人情報含む書類が庁舎内で所在不明に - 大阪府

大阪府は、八尾市内の医療法人から提出された病院廃止届の添付書類が、庁舎内で所在不明になっていることを明らかにした。

所在が不明になっているのは、病院廃止届に添付された書類で、病院管理者1人の氏名、住所、医師免許の写し、履歴書など個人情報が含まれる。11月10日に職員が出勤した際、箱に入れて保管していた同書類が紛失していることが判明。周辺やごみ置き場などを捜索したが見つからなかった。

同府では警察に届け出ており、病院関係者に対し説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2009/11/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

高技専で入学願書を誤廃棄、移転作業時に - 大阪府
婦人靴売り場で顧客情報含む帳票を紛失 - 高崎タカシマヤ
個人情報1.8万件含むHDDが2018年末より所在不明 - 豊見城市
3店舗で顧客情報約2.4万件を紛失 - 福井信金
印影など含む口座振替依頼書を紛失 - 高島屋京都店
2支店で納付書控え1.8万件が所在不明 - 鹿児島興業信組
本店で保管していた顧客情報含む伝票を紛失 - 沖縄銀
25~35年前の一部カードローン契約書など、紛失が判明 - 熊本信金
介護認定申請書類が所在不明、誤廃棄か - 習志野市
シネマイレージカード会員の書類が所在不明 - TOHOシネマズ