Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

コーエーテクモHDの新株予約権者リストを約2年前から他社に誤送信 - 中央三井信託銀行

中央三井信託銀行は、同社が株主名簿を管理する企業の新株予約権者に関する個人情報を、誤って関係ない別の取引先にメールで送信していたことを明らかにした。

誤送信が判明したのは、株主名簿管理人業務を受託しているコーエーテクモホールディングスの「第4回新株予約権(旧テクモ第2回新株予約権)」に関する権利者358人に関するデータ。氏名、住所、新株予約権の個数などが記載されていた。2007年12月以降、誤ってほかの取引先へメール送信していたという。

判明後、送信先に連絡して誤送信されたメールおよびファイルの削除を依頼。削除の完了と、ファイルが外部に流出していないことを確認したと説明している。

同社では、関係者に対し説明と謝罪の書面を送付する。また今回の誤送信が原因と見られる問い合わせや不正利用などは報告されていないとしている。

(Security NEXT - 2009/11/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

事業者向けのセミナー案内メールを誤送信 - 和歌山市
メール誤送信で経済団体や有識者のメアドが流出 - 公取委
誤送信で学生のメールアドレスが流出 - 東京音大
関係者向けニュースメールで誤送信 - 国立環境研究所
イベント告知メールで誤送信 -兵庫の託児施設
顧客情報含む資料を無関係の事業者へメール送信 - 名古屋のケーブルTV
特別支援学校でメール誤送信、保護者のメアド流出 - 埼玉県
全指名業者記載のファックス誤送信で入札が中止に - 千葉県
県立施設の指定管理者がメール誤送信、個人情報やメアド流出 - 神奈川県
宛名印刷時の操作ミスで個人情報を誤送信 - JNSA