Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報持ち出した三菱UFJ証券の従業員に懲役2年の実刑判決

三菱UFJ証券システム部の元従業員が顧客情報約149万人分を持ち出し、不正アクセス禁止法違反や窃盗の容疑で逮捕、起訴された事件で、東京地方裁判所は12日、会社の信用を失墜させたことなどを理由に懲役2年の有罪判決を言い渡した。

今回の事件は、2009年1月から3月にかけて、同従業員が個人顧客に関する情報約149万件を持ち出し、その一部を名簿業者などに売却。数十社に流通した。金融庁は三菱UFJ証券に対して対策が不十分だったとして行政処分を行い、同社も顧客全員に対し金券を送付している。

(Security NEXT - 2009/11/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

クラックマニュアル販売時の商標法違反、有罪が確定
メルカリで海賊版「Office」を販売して逮捕 - 認証回避プログラムもあわせて提供か
「海賊版Auto CAD」のオークション販売で有罪判決
PC遠隔操作事件、懲役8年の実刑判決
「マジコン」訴訟、輸入販売の差止と賠償金の支払い命じる判決
B-CASカードを不正利用で賠償金174万円の支払い命じる - 被告出廷せず
なりすまし犯罪予告の容疑者が逮捕 - 防犯カメラの映像が決め手に
ファイル共有ソフト「Winny」開発者、上告審で無罪が確定
カーナビ海賊版を販売した国家公務員が逮捕 - 4月に罰金刑受けるも再び販売
破壊型トロイの木馬「タコイカウイルス」の作者に実刑判決