Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

大阪市、操作ミスで保険料収納を別人として処理 - 納付書も他人名義で発行、利用される

大阪市平野区の保険料収納窓口において、誤って別人として保険料の収納を行ったり、納付書を発行する事故が発生した。

同市によれば、10月6日に庁舎窓口で被保険者の保険料を収納した際、担当者が国保システム端末の操作を誤り、直前に窓口を訪れていた別の被保険者の保険料として収納処理を行ったという。

その際、別人の氏名で領収証書を発行して交付したほか、次回以降の納付に利用する納付書についても別人名義で発行。実際にその納付書が11月2日に利用され、再度誤った納付処理が行われたという。

11月10日に保険料の納付状況を点検した際に事故が判明、同市では翌11日に関係者の自宅を訪問して説明と謝罪を行うとともに、誤って発行した書類を回収した。また納付処理についても修正を行う。

(Security NEXT - 2009/11/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

マイナンバー含む税額決定書の誤送付が2件発生 - 川口市
税額決定通知書で誤記載、マイナンバーなど個人情報 - 美馬市
個人情報含む書類を別人に送付、作業ミスで - 岩国市
約2000人分のマイナンバーを誤通知 - 表計算ソフトの操作ミスで
ふるさと納税寄付者へ別人の申請書を誤送付 - 平川市
手話通訳者登録試験で別人の受験票を誤送付 - 堺市
マイナンバー通知書の一時紛失や誤交付が発生 - 埼玉
マイナンバー通知書の誤配達を相次いで公表 - 日本郵便
日本郵便、マイナンバー通知の配達ミスを公表
マイナンバー通知の誤配達が発生 - 浦安市