Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スパムやマルウェアの脅威が調査開始以来最悪を記録 - マカフィー第3四半期レポート

マカフィーは、2009年第3四半期の脅威レポートを取りまとめた。スパム、マルウェア、ウェブ経由の攻撃が増加を続けているという。

レポートによれば、第3四半期はスパムやマルウェアの脅威が前期を上回り、調査開始以来最悪の状況だったという。特にスパムは前四半期から10ポイント上昇し、流通するメール全体の92%がスパムだった。さらに2008年同期と比較すると24ポイントの増加となった。

またウェブ経由の攻撃も増えている。特に有名人の死や自然災害などユーザーの関心を引くニュースを悪用し、悪質なサイトへ誘導する手法や、改ざんされた正規サイトから、悪質なサイトへ誘導されるケースも目立っている。こうした悪質なURLの55%が米国でホストされていた。

くわえて悪質なファイル共有サイトが第2四半期から3倍になるなど急増している。著作権保護された正規コンテンツを装ってマルウェアをダウンロードさせるもので、大作映画が相次いで公開される秋から年末にかけて、こういった悪質なサイトの増加が見込まれている。

さらに今期は、サービスを妨害するDDoS攻撃が多発した。オーストラリアのスポーツくじ4社のサイトが重要なイベント中にダウンし、数百万ドルの損失を出したケースや、サイト所有者に金銭を要求するケースなどが確認された。また、サイトを攻撃するためのボットネットが販売されるなど、今後も攻撃の広がりが懸念されるという。

(Security NEXT - 2009/11/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

過去1年間に被害に遭ったPCユーザーは約4割 - 平均被害額は5.3万円
不正プログラム検出数が前期の4倍超 - 検出経路「メール」が急増
「ランサムウェア」関連の相談が大幅減 - 一方で被害も
4社に1社が個人端末を業務利用、4割がルールなし
「ランサムウェア」関連の相談が約6倍に - 67件で被害
ネットワーク経由のマルウェア検出が急上昇 - 「WannaCrypt」が影響
7%がSNSなどでアカウント乗っ取り被害を経験 - LINE利用者対象の調査で
2016年の個人情報漏洩インシデントは468件、平均想定賠償額は6.7億円 - JNSAまとめ
IPAへの年間相談は1.6万件弱、ランサム関連311件 - 復号で修理業者による高額請求も
発見から8年経過した「Conficker」検知数が急増 - 前四半期比67倍に