Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ノジマとワイ・イー・シーがPC診断機器を共同開発 - ウイルス感染など店舗で無料診断

家電量販大手のノジマは、パソコン診断機器「PCカウンセラー」を店舗へ導入し、PCユーザーへのサポートを強化すると発表した。

同社が今回導入する「PCカウンセラー」は、ワイ・イー・シーと共同開発した診断機器。ハードディスクの状態やメモリの不良、ウイルス感染、情報漏洩の可能性など、パソコンの状態を診断できるという。

診断にあたって店舗スタッフの知識に依存せず、短期間で実施することが可能で、診断書の出力にも対応している。同社では、11月上旬より全店舗に導入し、無料で診断を受け付けるなどサポート体制を強化する。

(Security NEXT - 2009/11/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ウェブサイト向けセキュリティ診断サービスのラインナップを強化 - EGセキュア
家庭内LANの安全性診断ツールに脆弱性診断機能を追加 - 「Mirai」が狙うポートの開放状況もチェック
EGセキュア、スマホアプリ向けに脆弱性診断 - サーバのAPIにも対応
GDPRの対応支援サービスを提供 - IIJ
SSK、3億円投じて大阪にSOC開設 - MSSなどを提供開始
IPA、1テーマ5分の学習ツールに新版 - 「中小企業のセキュリティ対策ガイドライン」に対応
凸版印刷とTIS、MSS展開で協業
2020年の「Windows 7」「Office 2010」のサポート終了視野に移行支援を展開 - 富士ソフトら
GDPR対応状況を簡易診断できる無償チェックリスト - KPMGコンサル
NRIセキュア、海外拠点を実地調査するアセスメントサービス