Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ノジマとワイ・イー・シーがPC診断機器を共同開発 - ウイルス感染など店舗で無料診断

家電量販大手のノジマは、パソコン診断機器「PCカウンセラー」を店舗へ導入し、PCユーザーへのサポートを強化すると発表した。

同社が今回導入する「PCカウンセラー」は、ワイ・イー・シーと共同開発した診断機器。ハードディスクの状態やメモリの不良、ウイルス感染、情報漏洩の可能性など、パソコンの状態を診断できるという。

診断にあたって店舗スタッフの知識に依存せず、短期間で実施することが可能で、診断書の出力にも対応している。同社では、11月上旬より全店舗に導入し、無料で診断を受け付けるなどサポート体制を強化する。

(Security NEXT - 2009/11/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

診断ツールにガイドラインチェック機能など追加 - NRIセキュア
サイトの脆弱性を診断する月額制クラウドサービス - セキュアブレイン
統合監視と初動対応時の情報提供サービスを追加 - 日立システムズ
家庭用IoTデバイスを保護するセキュリティソリューション - デジオン
QRコード決済事業者向けのコンサルサービス - BBSec
Google、2.7万件以上のバグを発見したファジングツールをオープンソース化
サイト改ざんの予防から復旧まで対応するソリューション - ALSOK
モバイルアプリの脆弱性診断サービス - インテック
Tenable製ツール用いたSaaS型のウェブアプリ脆弱性診断サービス
AIG損保、米本社開発のサイバーリスク評価サービス - 保険料には影響せず